1312_pixiv_china.jpg
SUNTORY内の「オランジーナ擬人化プロジェクト」のページ。

「COOL JAPAN」などと謳いながらアニメーションの国内制作本数が激減するなど、空洞化が叫ばれている日本のオタク産業。だが、それでも作品の質の高さ、クリエイターの裾野の広さという点では、日本が世界で頭ひとつ抜けているといっていいだろう。

 たとえば、そのひとつの表れが、イラスト投稿サイトpixivだ。このサイトには、プロ・アマ問わず、連日、膨大な数のイラストがアップされているが、アクセスランキング上位の作品を見ていると、その美しさ、繊細さに「やっぱ日本のオタクってすげーなー」とため息をついてしまう。

 動画や背景画がいくら海外に流出しても、核となるキャラクターデザインや原画で日本が圧倒的な強さを見せているのは、こうしたオタククリエイターたちの高いクオリティがあってこそ、である。

 しかし、ここにきて、その最後の砦もあやしくなってきた。2年ほど前からpixivで中国・韓国のユーザーが激増し、彼らのイラストがどんどんアップされるようになっているのだ。

 と、それだけ聞いても「またまたぁ~、どうせいつもの丸パクでしょ?」と余裕ぶっこいてる方もいるかもしれない。そういう方は、ためしに作品をクリックしてみてほしい。きっと「う、うめぇ……」とうなってしまうはずだ。緻密な描き込み、美しい人体のパース、巧みな色使い、そして、「萌え」ポイントにどストライクな表情やポーズ。

 ていうか、そもそも画像を見ただけでは、日本人の作品とまったく見分けがつかない。このイラストうまいなーと思ってじっくり見てみると、ユーザーのプロフィールから外国人だと気づくという塩梅である。 

 しかも、彼らは、ただうまいだけではない。たとえば、驚かされるのが中韓女子の“腐敗”っぷりだ。「シーザーちゃんまじ天使」や「リヴァエレたまらん」と堪能な日本語を駆使しつつ、いたいけな少年たちをアレしたりコレしたりしているのを見ていると、もはや日本人以上にオタクカルチャーの文脈を理解しているのではないか、と思えてくる。

 こんな調子だから、当然、人気や評価もうなぎ上りだ。たとえば、12月のある日のデイリーランキング100位以内を調べてみると、1位を筆頭に中国ユーザーが9人、韓国ユーザーが1人。投稿者の数を考えたら、これはとてつもなく優秀な結果だろう。

日本が誇るアニメ&マンガ界が危うい!? pixivに迫る中国&韓国オタクの影のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情マンガ&ラノベ出版業界事情pixivオランジーナマンファの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ