タマトイズ『プルプルぶれいんふぁっかー』レビュー

 日本のアダルトグッズは、人間の妄想の限界を超えてくるものが多いが、またその限界点を超えた作品が誕生した。その名も『プルプルぶれいんふぁっかー』である。そう、その名の通り、人間の脳みそを模したオナホールが爆誕したのだ。

 キャッチコピーがすごい。「触るだけで脳内エクスタシー」「前頭葉から挿入できる脳型ホール」ときた。これでもかなりの衝撃だが、箱もかなり大きめでインパクトがある。縦が25cmもあるのだ。

 大きさだけでもかなりのインパクトだが、『プルプルぶれいんふぁっかー』はそれだけではない。重さだ。持ち上げてみると、実にズッシリとしている。なんと、1.4kgもある。人間の脳みその重さは体重の2%程度と言われている。

 つまり、1.4kgとはだいたい人間の本物の脳みそと同じ重さということになる。制作者は意図的に作ったにちがいない。このこだわりは非常に魅力的だ。某phone8と比較しても、その大きさと迫力が分かるだろう。

 感触は商品名の通り、プルプルである。そしてとにかく柔らかい。この柔らかさは人肌以上と言えよう。しかも、強く押したら潰れてしまいそうなのに、決して潰れない、シリコンが独特の感触を形成し、絶妙な弾力を提供してくれる。かわいい女の子の脳もこのくらい柔らかいのだろうか……。それに、脳のしわまでびっしり作りこまれていてビジュアルにもこだわりを感じる。

 前頭葉から挿入できるということで、挿入部は脳のフロント部分。穴は気持ち小さめ。根本まで指を入れると、全体がキツメに圧迫される。しかしシリコンの柔らかさから、その圧迫感が心地よい。脳内に挿れているはずなのに、体内に挿入しているような気分だ。

 いざ挿入してみると、これがすばらしい。1.4kgという重量も加わって、股間にも圧縮とは別の”圧迫感”も加わる。実際に腰を動かしてみると、脳のぷるぷるが腰にも響き、脳を犯しているはずなのに、本物の人間を相手にしているような感触を得られるなんとも不思議な感覚に陥る。

 付属のローションが付いているのだが、これは使うことを前提としたい。箱にも「脳液トロトロを再現」とある。締まりが良い意味でキツイので、身体の安全のためにも使用しよう。それに使用した場合、ネチネチとしたHな音も疑似的に楽しむことができる。

 脳全体がぷるぷるになっているので、ギミックは全体で楽しむことが可能だ。脳梁(右脳と左脳を結ぶ束)にモノを当ててこすっても気持ちいいいだろう。どんな方法でもその絶妙な感触と柔らかさを味わえる。

 見た目、重さと細かいディテールにまでこだわりぬいた一品だ。個々人で様々な快感を追求できであろう。まさに欲望の限界点を超えたものが『プルプルぶれいんふぁっかー』なのだ。
(文=穴リスト猫)

【購入はこちらから!】

プルプルだけど中はキッツキツ!でも脳汁でトロットロ!『プルプルぶれいんふぁっかー』が異次元すぎて気持ち良いッ!!の画像7

プルプルぶれいんふぁっかー
メーカー:タマトイズ 

プルプルだけど中はキッツキツ!でも脳汁でトロットロ!『プルプルぶれいんふぁっかー』が異次元すぎて気持ち良いッ!!のページです。おたぽるは、その他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。