国民の人妻(未婚)を自称する人気AV女優・西野翔が、長く続けているからこその悩みを告白した。

「デビュー当時は貧乳キャラだった名残で、衣装のブラが小さすぎて意味わからんことになる事件多発がち。」とツイートして写真をアップした西野翔。下着からおっぱいがいまにもはちきれんばかりに主張している。先方が用意していた衣装が小さすぎたため、このエロ悲しい事故が発生してしまたのだろう。

 ファンからも「成長してますね」「おっぱいが成長しつつある」「たいきぱいせい」などの声が相次いであがっていた。  

 西野翔は「こっちは当時より7キロ太ってんだからな!(えらそう)」ともツイートしている。とうの昔に色んな意味でサイズアップを達成しており、貧乳キャラからは卒業していたようだ。

 以前から小ネタも織り交ぜつつTwitterでファンとの交流を楽しんでいる西野翔。これからもみんなの人妻として末永く活躍してもらいたいものだ。

西野翔のおっぱいが下着に収まらないエロ悲しい事態が続出!? 国民の人妻が頭を抱える過去の“貧乳キャラ”と『たいきぱいせい』?のページです。おたぽるは、AVの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。