チンズリーナ先生はスゴイ。

 なにがスゴいって、いわば紙にインクを使って刷られた、単なる絵のハズなのに、とてつもない勢いで読み手の精神を塗り替える。どんな頑固なノンケであっても、ホモに目覚めさせるだけの勢いが、そこにはあるのだ。『メスイキ少年大百科』(三和出版)を読んで、そう思った。
 
 前立腺を「メススイッチ」と呼んだり、独特の言語センスで鮮烈な印象を与えてくれるチンズリーナ先生。その作品の特徴は、とにかくポジティブなこと。なんといっても「ホモセックス」という言葉も当たり前のように用いるのだから。最近、男の娘ものも男性向けショタものも、ごくごく当たり前に存在するジャンルにはなった。とはいえ「ホモセックス」というキーワードはけっこう用いるさじ加減が難しいところもあるだろう。

 すでに目覚めている人は、この単語にゾクゾクと来るのだが、そうじゃない人は忌避してしまうからだ。けれども、忌避している人は単にホモセックスがいかに興奮するものか、知ってしまうことを恐れているだけに過ぎない。でも、その一線を越えた時に人は、新しい快感の世界へと到達することができるのだ。

 男の娘ものとかTSFものとかで、楽しく興奮することができるか否かは、この部分がもっとも大切。ようするに、自分の内面にある精神的ホモスイッチをオンにすることができるようになれば、この世界が魅力的なものに見えてくる。多くの人はそのスイッチをオンにすることを恐れている。でも、それをオンにした時に味わうことのできるメス堕ちの快楽を知れば「もう、ホモで全然OKですよ」と開き直れることは間違いない。

 さて、そんな目覚めさせる作品が多数収録された今回の単行本。まず二編にわたって描かれる『メス堕ち男子C学生の憂鬱』で、多くのノンケは陥落するはずだ。まずシチュエーションがわかりやすい。非エロ女装写真をTwitterみたいなヤツにアップしている男子が、素性がバレてメス堕ちさせられるという展開。

 これ、男の娘ものでは一種定番となりつつあるのだけれど、やっぱりわかりやすくて気持ちいい。だって、誰しも自分が女のコなら、あるいは可愛い女装子になれたら、可愛い写真はもちろん、ネットに自撮り画像くらいアップしたいと思っているだろう。だから、描かれるヒロイン(?)の痴態は、いわば読者自身。目の前で自分がヤラれているような感覚が味わえるというわけなのだ。

 より目覚めのきっかけになりそうなのが『甥っ子をメスに堕とす100の方法』。これ、完全にノンケな甥っ子が最後は自分から進んで女装して「今日もホモセックスしよ」と言い出すところまで進化する物語。別の収録作『メス堕ちカフェテリア』もまた、怒濤のごときメス堕ちの過程が、濃厚に描かれていて興奮度は高い。

 次々とメス男子が堕ちまくる単行本を刊行しているチンズリーナ先生であるが、作品ごとにレベルアップしているのが手に取るようにわかる。コミケの時とか、とんでもなく可愛い女装子と一緒に本を売ってたけど、やはりリアルが充実していると作品のレベルも上がっていくのか。なんとも羨ましいじゃあアリマセンか!!
(文=ピーラー・ホラ)

【ダウンロードはこちらから!】

チンズリーナ『メスイキ少年大百科』どんな頑固なノンケでも目覚めさせるホモセックスの快楽!の画像2

メスイキ少年大百科
ページ数:195ページ
筆者:チンズリーナ
出版社:三和出版

チンズリーナ『メスイキ少年大百科』どんな頑固なノンケでも目覚めさせるホモセックスの快楽!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。