催眠オナニー音声の制作者というのは、常に「前回とは違う、さらに聞いた人がおどろく作品を」と、追求し続ける求道者。このキャンドルマンさんも、その一人。

 この作品は、催眠オナニー音声の世界でも、おそらく初の「Sissy」をテーマにした作品 なのです。

 発売されたのは、昨年の夏コミの一ヶ月前。前作からは2年2カ月。本来は2016年の冬予定だったので、けっこう待たされました。待たされたけれども、そのぶんだけ徹底的に悶絶する作品に仕上がっています。

 なにしろ、イラストを描いているのが、SWEETTABOOのryokutyaさん。Sissyジャンルにおいて、パイオニア的な存在である作家さんです。通例、リクエストは受けない作家さんなので、発売当初、キャンドルマンさんはSNSでイラストを描いてもらえたことに対する、ものすごい嬉しさを綴られていました。

 で、夏コミにryokutyaさんが出展していましたので、その話を振ってみると「キャンドルマンさんの素晴らしい作品に、自分のイラストでよかったのか」と謙遜の言葉が。さすが本物は違う。なんて美しい世界なのだと感動しました。

 さて、本編です。Sissyは、まだまだ馴染みのないジャンル。様々な捉え方があるでしょうけど、男なのに、メスの快楽を教え込まれて、男としての存在価値を崩壊させられるというのがベース。無様に女々しくなってしまっても戻れないし、苦しくても逃げ出せない。そんなカオスな感情に悶絶するわけです。

 しかも、崩壊するのはプライベートだけではありません。社会的地位も人権も崩壊し、チンポのためならばなんでもしてしまう最低な人間(いや、人間ですらない)になってしまうのです。

 もう、なにもかも失い、チンポしかすがるものもない。笑われても罵倒されても、チンポをむしゃぶり、メスの快感を覚えたケツ穴にブチ込まれることしか考えられない。そんな人間として終わっている自分に快感を覚えるというわけです。

 それが画面の向こうや、印刷物ではなく……自分自身のことだとしたら!! いやあ、催眠ってスゴいな。

 さて、この催眠は物語仕立て。音声を聞いている自分は、禁欲的な風土の国の税関職員となります。

 そんな国のとなりにあるのは、フタナリさんがたくさん住んでいる経済力も軍事力もある自由な国。その国境に足を踏み入れた主人公=自分自身は、たまたま足を踏み入れた店でメスへと堕とされることになるのです。

『Best work for Sissy boi ~女々しいボクにピッタリのオシゴト~』 みじめ気持ちよさに目覚めて、リアルでも戻って来られなくなる危険度MAX! の画像2

 この作品の気持ちよさを表現するなら「みじめ気持ちいい」という言葉がピッタリ。

 フタナリチンポの快感を教え込まれたら、戻れない。どんな変態プレイだって求めるし「金の切れ目が縁の切れ目」みたいな扱いをされても、チンポ欲しくてすがってしまう。 挙げ句の果てには、チンポ欲しさに禁制品を見逃したり、違法行為も止められなくなる。「チンポ欲しいからって、そこまでやるか?」と考えられるのは、チンポの快感を知らないから。

 チンポでメスイキを覚えちゃうと、いくら悪いとわかっていることだって止められないんだよ!! そんな罪悪感と快感とがない交ぜになった感情が、自分自身のこととして約140分も展開するのです。

 あくまで音の世界ですし、けっして現実のことではありません。でも、催眠の力でリアルな感情もぐちゃぐちゃにかき乱されますから、半日くらいは社会復帰できません(もちろん、個人差アリ)。

 翌日が休みの深夜でなければ使うことは危険な音声。でも、何度も聞いてしまう。これのせいでリアルでもふっとした瞬間に、メススイッチが入ってしまう体質が開花する可能性は高そう。でも、絶対にオススメします。
(文=昼間 たかし)

【ダウンロードはこちらから!】

『Best work for Sissy boi ~女々しいボクにピッタリのオシゴト~』 みじめ気持ちよさに目覚めて、リアルでも戻って来られなくなる危険度MAX! の画像3

Best work for Sissy boi ~女々しいボクにピッタリのオシゴト~
音声本数:4本(約135分)+α
企画、執筆、音声編集:キャンドルマン
イラスト:ryokutya(SWEETTABOO)
声:井上果林

『Best work for Sissy boi ~女々しいボクにピッタリのオシゴト~』 “みじめ気持ちよさ”に目覚めて、リアルでも戻って来られなくなる危険度MAX!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。