童顔、美巨乳、くびれを持つ愛くるしいアイドル・水卜さくらの最新作。ブラを知らずに育った巨乳の妹が、自我の目覚めとお兄ちゃんの歪んだ性欲によって、自分のオッパイの魅力とセックスの快楽に目覚めていく、成長・性育ストーリーだ。

【ざっくり紹介】
❤︎認識不足の妹・水卜さくらがセックスの歓びを知っていく
❤︎フェチポイント=シャツ、キャミ、パンティーの上からの愛撫
❤︎ヌキポイント=白い肌を赤らめては何度もビクンビクンとイク表情

 カメラオタクの兄は、妹さくらを撮影するのが大の趣味。なぜかというと、さくらは控えめで、男性経験もない。だからなのか、家でも外でも常にノーブラ。なんと、ブラジャーの存在を知らずに育ったのだ…。

 って、ちょっとムリメな設定に笑。しかし、主演の水卜さくらの素朴な可愛らしさと、その童顔に不釣り合いなメロン級の巨乳を見ると、おっぱい星人でなくとも、「ファンタジー万歳!」と叫んでしまいそうな予感がする。

 ある日、さくらから相談を受ける兄。
 
「お兄ちゃんに相談したいことがあってさ…。ブラジャーって知ってる? みんな着けてるらしいんだよね」
「おまえ、だまされてるんだよ。ブラは成長を妨げる危険なものなんだ」
 

 そう言うと、さくらが買ってきたブラを、オナニーの使用済みティッシュが山盛りのゴミ箱に捨ててしまった。

「お兄ちゃん、このゴミ箱、変なニオイしない?」

 その時兄は思った。「とうとうこの時が来たか」

「これからすることは絶対言うなよ」

 そう口止めをすると、さくらの唇や首筋を手で愛撫し、コートの上から胸を揉みしだき始めた。これが変態性欲を持つ兄妹セックスの始まりだった。

水卜さくらの白い肌とピンクの乳首!『ウチの地味で巨乳な妹が自宅でノーブラ全開で困ってます。』で、本気でイキまくる敏感さに萌え死に必至の画像2

 コートを脱がし、制服のワイシャツの上から、ワシワシと胸を揉みしだく兄。シャツのボタンをはずすと、そこには発育し切ったナマの美巨乳が! 

 水卜さくらの白い肌ときれいな巨乳。そして、薄ピンク色の乳輪と乳首は、AV女優の中でもトップ級ではないか。

「ブラしてないからこんなに成長したんだよ。だからあんなの着けちゃダメ」
「うん、わかった」

 従順な妹の乳首を指先で弾いたりつまんだりしていると、やがてさくらも初めて感じる〝女の歓び〟に溺れていくのだった。

 着衣から始まるこのカラミ、ワイシャツのボタンをはずして巨乳を揉みしだくシーンもいいが、フェチな読者に見ていただきたいのは、大股びらきした白いパンティーの上からのクンニシーンだ。徐々に透けていくパンティーと、薄布一枚の上からの愛撫にもビクンビクン感じてしまう水卜さくらの表情に萌え死に必至だ。

 そして、カラミの最後にはゴミ箱の謎のニオイの正体が判明する。顔射された汁のニオイを嗅いださくら。

「この匂いって、さっきの…」

水卜さくらの白い肌とピンクの乳首!『ウチの地味で巨乳な妹が自宅でノーブラ全開で困ってます。』で、本気でイキまくる敏感さに萌え死に必至の画像3

 とうとう一線をこえてしまった兄妹。妹の体の味を知ってしまた兄は、それからというもの、妹が入浴中にも普通に浴室に入ってくるようになった。

「このあいだの感覚ってなんだろ? なんか不思議な感じ」

 と言うさくらに、

「あれを繰り返すうち、お互いのことが理解しあえるんだよ」

 ほほー、なるほどですなぁ。思わず頷いてしまった(笑)。

水卜さくらの白い肌とピンクの乳首!『ウチの地味で巨乳な妹が自宅でノーブラ全開で困ってます。』で、本気でイキまくる敏感さに萌え死に必至の画像4

 浴室ファックではパイズリとフェラの仕方を教える兄。

「ハモニカ吹くみたいに」
「この太いのくわえてみろ」
「タマ舐めてごらん」

 従順な妹をいいことに、大人のオンナへの階段を一歩一歩登らせていくのだった。

水卜さくらの白い肌とピンクの乳首!『ウチの地味で巨乳な妹が自宅でノーブラ全開で困ってます。』で、本気でイキまくる敏感さに萌え死に必至の画像5

 それでも、家ではパンイチで過ごすさくら。そんなある日、兄に日本一スケベな友達の吉澤が訪ねてくることに。吉澤もさくらの巨乳に一目惚れしてしまったが、吉澤が酔いつぶれて寝ている横で、兄とさくらのローションプレイが始まった。

水卜さくらの白い肌とピンクの乳首!『ウチの地味で巨乳な妹が自宅でノーブラ全開で困ってます。』で、本気でイキまくる敏感さに萌え死に必至の画像6

 途中から吉澤が目覚めて兄妹に加り3Pに…。普通の展開からいえばそんなところだがさにあらず。寝ている吉澤を起こさないよう、口に手をあて、声を殺してアエぐさくらの表情とイキ顔に注目のカラミとなった。吉澤、残念…。

 最後のカラミでは、成長したさくらのオンナっぽさが現れる。雨のある日、外出から帰ったさくらはずぶ濡れでシャツはスケスケ。

「寒い」
「ほら脱いで」
  
 濡れた服から透けて見える巨乳をまじまじと見る兄に対し、さくらは自ら胸を揉み、兄を誘惑し始めた。

「お兄ちゃん、あたし、おっぱい大きかった?」
「お兄ちゃんはずっと気づいてたんだ」

 リビングのソファーでさくら自らが兄の顔に巨乳を押し付ける。

「もっと押しつぶして。おっぱいで殺してくれ!」

水卜さくらの白い肌とピンクの乳首!『ウチの地味で巨乳な妹が自宅でノーブラ全開で困ってます。』で、本気でイキまくる敏感さに萌え死に必至の画像7

 
 白いシャツに白いパンティー、どちらもスケスケで、まるでエロいボディースーツの様に体にまとわり付く。どうやらこの作品、巨乳フェチだけでなく、ウェットや透けフェチの股間も満足させてくれようとしているらしい。誠にありがたいところではある。

 しかし、それであれば、白い肌に黒々と密林の様に渦巻く水卜さくらの陰毛は、ぜひパイパンにしてほしいと感じるシーンではある。

 今まで兄がさくらに教えてきたフェラやパイズリ、ローションプレイ全てを駆使して兄妹が禁断の快楽に溺れていく。さらにマンぐり返しやチンぐりアナル舐めなどの新技(⁉︎)も披露。 

「お兄ちゃん、ガマンできないよ」
「わたしも。早く入れて」
「お兄ちゃんの、気持ちいい…」

 正常位で下になりつつも、自ら腰を降って快感を貪るほどに成長したさくら。

水卜さくらの白い肌とピンクの乳首!『ウチの地味で巨乳な妹が自宅でノーブラ全開で困ってます。』で、本気でイキまくる敏感さに萌え死に必至の画像8

「おっぱいに出してもいいか?」
「うん、出して」

 フィニッシュは乳首にドピュッ! 熱いザーメンが乳首に発射された瞬間、それにすら〝ビクン〟と反応してしまう水卜さくらの表情に、こちらもビクビク反応してしまった。

 水卜さくらのギャップ萌えやフェチシーンもさることながら、度々襲いくる快感に、何度もビクンビクンと反応し本気で感じまくる彼女の感度や表情には、天性のAV女優感を感じてしまう作品だ。
(文/松本雷太)

【ダウンロードはこちらから!】

水卜さくらの白い肌とピンクの乳首!『ウチの地味で巨乳な妹が自宅でノーブラ全開で困ってます。』で、本気でイキまくる敏感さに萌え死に必至の画像9

ウチの地味で巨乳な妹が自宅でノーブラ全開で困ってます。 水卜さくら
収録時間:120分
出演者:水卜さくら
メーカー:ムーディーズ

水卜さくらの白い肌とピンクの乳首!『ウチの地味で巨乳な妹が自宅でノーブラ全開で困ってます。』で、本気でイキまくる敏感さに萌え死に必至のページです。おたぽるは、AVの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。