花巻太郎先生の作品が読めるのは「おたぽる@HENTAI!!」だけ!

 ダレノカレの吐息は荒くなり、円を描くようにしてクリトリスをこすっている手の動きが激しくなる。

 その姿を見ているうちに、オレも段々、我慢ができなくなってきた。チンコが、熱した鋼鉄のように熱く、固くなっている。

「欲しかったら、懇願しろ」

 オレは立ち上がり、ダレノカレを見下ろしながら、チンコをこすった。

「ください、チンコ、私のマンコにください」

 ダレノカレは眉間に皺を寄せて懇願し、チンコを催促するように、腰を上下に振っている。その姿を見て、オレの我慢も限界に達した。ダレノカレの膝の裏を掴んで、グイッと顔の方へ持ち上げ、剥き出しになったマンコに勢い良く挿入した。チンコの先が子宮へと達すると、

「ああっ!」

 ダレノカレが悲鳴のような喘ぎ声を上げた。チンコをゆっくりと引き抜き、奥まで一気に挿入すると、その度にダレノカレは全身を痙攣させて悶える。

「四つん這いになれ」

 命じると、腰に力が入らないのか、ダレノカレはノロノロと姿勢を変える。

「早くしろ!」

 スパンキングすると、

「あ、いい!」

 もっと、とばかりに尻を突き出してきた。お望み通りに、尻が真っ赤になるまでスパンキングしてやると、

「イッちゃう、ダメ、あ、ああ!」

 なにやら急に慌てた様子で、マンコを手で押さえると、ダレノカレはまるで小便でも漏らすような勢いで、潮を吹いた。床がびしょびしょになる。

「何やってんだ」

 そう言って尻を叩くと、それに反応して、「あっ!」と、潮を吹いた。面白い、と思い、何度も叩く。その度に、ダレノカレは潮を吹いて悦んだ。

 スパンキングしながら、マンコに指を挿入すると、ビクン、と痙攣して反応する。引き抜いた指は、愛液にまみれ、テカテカと艶めかしく光っている。その指でアナルに触れると、いやらしくヒクつき、

「あっそこは……」

 マンコを触った時とは、また違う反応を示した。

「好きなのか?」

「は、はい」

 アナルに中指を入れると、吸い込まれるようにして入っていく。かなり開発されているらしい。試しに、人差し指も一緒に入れてみた。多少、きついが入る。

「ハァッハァッ」

 ダレノカレの呼吸が荒くなった。指を自ら招き入れるように、尻を突き出してくる。

「この淫乱女が」

 空いた方の手でスパンキングしてやると、

「ああっ!」

 また潮を吹いた。

 マンコに手を伸ばし、愛液を拭き取って、チンコにたっぷりと塗った。天然のローションだ。アナルから指を抜き、代わりにチンコを挿入した。

「うっあっああ!」

 マンコに挿入した時よりも、ダレノカレは激しく悶絶した。オレの方も、膣肉よりも締まりのいい挿入感で、気を抜くとすぐにイッてしまいそうになる。

「ダメッ、イイッ、ダメッ」

 あまりの気持ち良さに上半身の力が脱けてしまったのか、ダレノカレは床に顔をつけて、狂ったように喘ぎ声を発する。その姿を見て、オレも我慢できなくなった。ダレノカレの腰を掴んで、アナルを破壊するぐらいの気持ちで、激しくピストン運動を繰り返す。

「イック~~~」

 ダレノカレの絶叫が響きわたるのと同時に、オレも絶頂を迎えた。腸内に大量の精液を放出させ、チンコを引き抜くと、ダレノカレのアナルから白い液体が垂れ流れた。

「ハァ、ハァ」と肩で息をしているダレノカレを見下ろしながら、愛液まみれのチンコをティッシュで拭い、オレは服を着た。

「欲しくなったら、いつでも連絡しろ」

 テーブルの上に置いてあるメモ紙に携帯電話の番号を書き付け、部屋を後にしようとしたところで、足下が揺れた。天井から吊された小さなシャンデリアが揺れ、食器棚がガタガタと音を立てている。地震だ。かなり大きい。テーブルの下へ逃げ込もうかと思ったところで、揺れは収まった。ダレノカレはそんなこと構わず、まだ肩で息をして、アナルセックスの余韻に浸っている。

【アイドル妄想ぺろぺろ劇場14】実はドMだった“生意気ハーフタレント”ダレノカレ●美が俺の足の指をぺろぺろのページです。おたぽるは、その他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。