花巻太郎先生の作品が読めるのは「おたぽる@HENTAI!!」だけ!

「シンジ君も乳首立っちゃってる」

 千明様はそう言いながら、嬉しそうな表情を浮かべて、僕の乳首をつまんできた。

「ああっ! 気持ちいいです!」

「どこが気持ちいいの?」

「ち、乳首!」

「どうして気持ちいいの?」

「ち、千明様がつねってくれてるから!」

「もっと気持ちいいことしてあげよっか?」

「は、はい!」

「じゃあ、お願いして」

「お願いします!」

「フフ」

 女王様然とした笑みを浮かべると、千明様は僕のタイツを下半身まで引き裂いて脱がしてきた。我慢汁でテカテカと光ったチンコが、天に向かって真っ直ぐに屹立していて、僕は羞恥心を覚えた。

「こんなにエッチな汁、出しちゃって」

 亀頭の先っぽを人差し指でトントンと叩いて、我慢汁をネトつかせてから、千明様はゆっくりとチンポを口の中に含んだ。すぼめた口をチンコの根本までゆっくりと下ろしながら、グリグリと絶妙な力加減で舌を絡ませるだけでなく、手で玉袋を揉みほぐし、我慢汁で湿らせた人差し指をアナルに入れてきた。

「ああっ! ダメです、それ!」

 性感ヘルスでも味わったことのない快感に、僕はヨダレを垂らしながら喘いだ。

「私も我慢できなくなってきちゃった。舐めっこしよう」

 千明様はタイツを脱ぐと、僕の顔の方へ毛のないツルツルの股間を向けて、69の体勢でフェラを再開した。僕も負けじと、千明様のパイパンを舐めようとすると、

「あ、おしっこしたくなってきちゃった」

 千明様はそう言い、いきなり、ビジャーッと勢いよく音を立てて、僕の顔に黄金水をかけてきた。水責めにあっているかのような息苦しさと、あの千明様から放尿を受けているのだという幸福感で、僕のチンコははち切れんばかりに勃起した。

「綺麗にして」

 放尿を終えた千明様は、パイパンマンコを僕の顔に押しつけてきた。アンモニアの匂いを鼻に感じながら、僕は千明様の割れ目に舌を入れて、無我夢中で舐め始めた。

「シンジ君、上手、ああ、イイ、そこ、ダメェ!」

 意外にも可愛らしい喘ぎ声を上げながら、千明様はパイパンマンコを小刻みに動かしてきた。次第に、膣内からトロみのある愛液が溢れ出してきて、僕は息苦しさを覚えた。

「シンジ君のチンポコ、欲しくなってきちゃった」

 そう言うと、千明様は身を起こして、僕の股間に跨がり、パンパンに膨れ上がったチンコを、愛液が滴り落ちている膣の中に誘導してきた。

「ああ!」

 僕たちは、同時に喘ぎ声を漏らした。チンコに、天然ローションと温かい膣肉が絡みついてきて、

「ああっ!」と、僕は呆気なく果ててしまった。

「え、ウソ? もうイッちゃったの?」

 責めるように言われ、

「ごめんなさい」

 僕は情けない気持ちになりながら、謝るしかなかった。けれど、

「若いから、すぐに回復するでしょ?」

 千明様は、チンコを挿入したまま、ねっとりとしたディープキスをしたかと思うと、舌先を僕の首筋に這わせ、乳首を甘噛みしてきた。千明様の言った通り、僕のチンコは、まるで精力剤を飲んだ後のように、千明様の中で猛々しく勃起した。

「ああん、すっごい、さっきより固くなってる」

【アイドル妄想ぺろぺろ劇場10】エヴァオタの栗●千明さまがエヴァコスでぼくの乳首をぺろぺろのページです。おたぽるは、その他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。