花巻太郎先生の作品が読めるのは「おたぽる@HENTAI!!」だけ!

 そう言いながら、千明様が、僕の体をベタベタと触ってくるものだから、たまらない。僕のチンコはたちまち、股間部分をぶち破らんばかりの勢いで勃起した。それが目立たないわけがなく、

「凄い、シンジ君のチンポコ、おっきい」

 千明様は恥ずかしげもなく、チンポコなどという言葉を平然と口にしただけではなく、そのチンポコに手を伸ばし、先っぽを優しく撫でてきた。そのファーストインパクトの衝撃たるや凄まじく、危うく射精しそうになるのをこらえるので、僕は必死だった。

「おっきいだけじゃなくて、すっごく固いんだね」

 そうささやきながら、千明様はねっとりとしたディープキスをしてきた。そのセカンドインパクトで、僕の理性はすっかり吹き飛んでしまい、千明様の柔らかい胸を遠慮なくがっつりと揉んだ。千明様は、全身タイツの下には何も着ていなかった。固くしこった乳首を指先でコリコリとつまむと、

「ああ、気持ちいい」

 艶めかしい声を出して、

「シンジ君とだったら、シンクロ率高まりそう」

 僕の耳元でそうささやいたかと思うと、耳たぶを甘噛みしながら、ベッドに押し倒してきた。

「ほら、シンジ君、おっぱい好きでしょ? 乳首舐めて」

 千明様はそう言うと、上半身だけタイツを脱いで、裸になった。真っ白な肌に、色素の薄いピンク色の乳首がチョコンと乗ったお椀型の美乳は、見ているだけで興奮する。千明様はそれを、僕の顔に近づけてきて、

「ほら、いっぱい舐めて」

 Sっ気に満ちた口調で言うと、僕の口に固くしこった乳首を入れて、柔らかい胸を押しつけ、両腕で僕の頭を抱きしめてきた。その息苦しさに、僕はM心を刺激されて、

「ううっうっ」

 喘ぎ声を漏らしながら、必死になって千明様の乳首を吸ったり舐めたりを繰り返した。

「赤ちゃんみたいで可愛い」

 そう言いながら、千明様は僕の頭を撫でていたかと思うと、突然、僕の乳首を強い力でつまんできた。その絶妙な力加減に

「ああう!」

 乳首を舐めるのをやめて、喘ぐと、

「勝手にやめちゃダメでしょ」

 千明様は、僕の乳首をつまむ指にさらに力を込めた。けれど、それは逆効果だった。

「ああっ! あっ!」

 もはや僕は、乳首を舐めているどころではなくなった。憧れの千明様に虐げられている悦びと快感で全身が痙攣して、射精するのをこらえるために、必死になって足をバタつかせた。

「私の言うこと聞けないなら、お仕置きね」

 千明様はドスの利いた声でそう言うと、上半身を起こして、いきなりビンタをしてきた。

「ああっ!」

 その痛みは即、快楽へと変わる。

「もっと?」と訊かれ、

「お願いします」

 そう答えると、今度はパン、パンと鋭い往復ビンタが飛んできた。

「ああっ! 千明様、ありがとうございます」

「フフ、シンジ君、口開けて」

 言われた通り、口を開けると、千明様はその中に唾液を垂らし込んできた。千明様の唾液は甘く品のある味がした。もう一口、ご褒美が欲しいと、口を開けて待っていると、

「欲張らないで」と、ビンタされてしまい、今度はタイツをいきなり手で裂かれてしまった。

【アイドル妄想ぺろぺろ劇場10】エヴァオタの栗●千明さまがエヴァコスでぼくの乳首をぺろぺろのページです。おたぽるは、その他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。