花巻太郎先生の作品が読めるのは「おたぽる@HENTAI!!」だけ!

「どうした?」

 そこへ、飲み物を買いに行っていた友人が戻ってきて、オレの視線の先を追い、

「テーブルの上で何やってるんだ?」
「クソだよ」
「クソ?」
「ああ。灰皿の上に」
「嘘だろ、最悪だな」

 眉をしかめた友人に、

「ちょっと、トイレ」

 そう言い残して、オレはトイレへと急ぎ、個室に入ると、チャックが下ろしづらくなるほどに勃起したチンコをジーンズから引っ張り出して、今見てきたばかりの光景を思い出しながらオナニーをした。末広の白いお尻、そこから垂れ落ちるクソ、マゾ的な快感に浸り切った顔。

「うっ!」

 腰から力が抜け落ちるぐらい大量に射精した。

 あの日以来、オレは、美女のスカトロもののAVにのめり込むようになった。実際に自分でプレイしたいとも思った。けれど、その相手が見つからず、悶々とした性生活を送ってきた。あの日、末広とキスをしていた東京連合の男は、その後、敵対する半グレ集団のメンバーと間違えて一般人を殺してしまい、指名手配されたために、マスコミを通じて、顔写真が大々的に流された。オレは、その写真を見るたびに、末広のスカトロシーンが脳裏に蘇り、男に対する嫉妬心を募らせていた。

「ちょっと、どうして動かないの?」

 全く再起動しようとしないエレベーターに苛立ち、ボタンを連打している末広のお尻を、オレはジッと眺めた。年甲斐もなくショートパンツを穿いているけれど、そこから伸びる脚は、10代の頃と変わらず、白くみずみずしい輝きを放っている。15年前に見たお尻が目の前にある、と考えた瞬間、オレのチンコはパブロフの犬のような条件反射で勃起した。ちょうどその瞬間、

「ねえ、何してるの?」

 振り向きざまに、末広にそう言われ、オレはビクついてしまった。

【アイドル妄想ぺろぺろ劇場09】エレベーターに閉じ込められて……15年前の憧れ・末広涼子ちゃんをぺろぺろのページです。おたぽるは、その他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。