筋肉量という点では、他のあらゆるアスリートを凌駕するのがボディビルダーだ。先頃の国際的なボディビルの大会で、採点に激怒した100kg級ボディビルダーの強烈過ぎるパンチ力が図らずも明らかになった。

股間をあらわにする一幕も 採点に激怒した筋肉ムキムキのボディビルダーが審査員を一撃ノックアウト!の画像1 「YouTube」より

■激怒したボディビルダーが審査員をノックアウト!

 得点数やレースや記録で明確に勝敗を決するスポーツがある一方、審査員による評価を集計して順位を決める採点競技がある。もちろん、ほとんどの種目で採点の基準はクリアに定められているのだが、競技によっては、審査員の好みがかなり反映する採点競技がまだ残されているのかもしれない。

 ギリシャ・アテネで2016年の11月25〜27日にわたって開催されたグレードの高い国際的ボディビル競技会「2016 IFBB Diamond Cup」で波乱は起った。

 100kg級の“絶対王者”である地元ギリシャのジアニス・マーゴス選手が僅差で2位になるという番狂わせが起きたのだ。これに一番のショックを受けたのはほかならぬ本人だったようで、優勝を逃した瞬間にマーゴス選手は客席最前列の審査員席へ詰め寄ったのだ。

 誰が自分のパフォーマンスに低い評価をつけたのかと怒り狂い、審査員たちに数々の暴言を吐くマーゴス選手に会場も騒然。プログラムの進行が完全に一時中断し、激し過ぎる直談判を繰り返すマーゴス選手を、駆け寄ってきた大会関係者の男たちが必死に制止するも、ついに同選手はスーツ姿の審査員の顔に強烈な一発をお見舞いする。その腕の筋肉から繰り出されるパンチの破壊力は凄まじく、大の男が一瞬宙に浮くような様子を見せて、背中から床に叩きつけられたのだ。まさに“一撃”である。

■股間のイチモツをあらわにして見せつける行為も

 この動画には収められていない過激なシーンも繰り広げられたという。

 ボディビル情報サイト「Evolution of Bodybuilding」のレポートによれば、マーゴス選手は関係者や審査委たちの席のテーブルを軽々と持ち上げて放り投げ、その後なんとビキニパンツをずらして股間のイチモツをあらわにして見せつけたのだという。その時にマーゴス選手の正面にいたのは、国際ボディビル連盟(IFBB)代表のラファエル・サントンハ会長であったという。

 実績のある選手だけにとても残念な一件となってしまったが、同サイトはマーゴス選手への同情の余地はないと主張している。地元の大会で負けたことがいっそう堪えたのだと思われるが、マーゴス選手が来年の大会に出られる可能性はほぼなくなるはずであるという。殴られたところを動画で撮られた審査員のアルマンド・マルケス氏はその後、選手の威嚇に屈しなかった“真の紳士”であると一部から賞賛の声を浴びる事態にもなっている。マーゴス選手の選手生命はきわめて危うくなったといえるだろう。

 一説には、決して少なくない数のボディビルダーが使用しているといわれているアナボリックステロイド(大会によっては使用禁止)の副作用で、性格が怒りっぽく攻撃的になるともいわれている。ロイドレイジ(roid rage)と呼ばれている現象なのだが、医学的な裏づけはなくあくまでも噂レベルの話ではある。しかしボディビル選手のこうした言動を目の当たりにすると、この副作用が実際に起り得るのではないかとも思ってしまうだろう。同選手はこれを機会に格闘技へ転向したほうがよいのかも!?
(文/宍戸ペダル)

【参考】
・Daily Mail
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3987276/Strike-pose-Irate-bodybuilder-flattens-judge-whips-penis-protest-losing-international-competition.html

・Elite Daily
http://elitedaily.com/sports/bodybuilder-slaps-judge-pulls-penis-rage-losing-competition/1707884/

“股間”をあらわにする一幕も 採点に激怒した筋肉ムキムキのボディビルダーが審査員を一撃ノックアウト!のページです。おたぽるは、その他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。