花巻太郎先生の作品が読めるのは「おたぽる@HENTAI!!」だけ!

「ハァ、エリカ様のお仕置きが気持ち良すぎて、ハァ、つい、出してしまいました」

「勝手に出しちゃダメでしょ」

「はい」

「こうすれば、出ないかしら?」

 ドS丸出しの微笑を浮かべると、エリカ様は、僕のチンポに鞭を巻き付けてきた。

「あ、ダメです、そんなことされたら、ああ!」

 鞭で締め付けられる快感で、我慢汁はさらに出てきてしまう。

「何、してるのよ?」

 エリカ様は、デコピンをする要領で、僕のチンポの先を中指で弾くと、

「ジッとしてなさい」

 いつの間にか手に持っていた、細い鉄の棒を、ゆっくりと尿道に挿入してきた。

「ああっ!」

 微電流が流れるようなイタ気持ち良さに襲われ、僕は思わず喘ぎ声を漏らした。

「こうしたら、どう? もっと気持ちいいでしょ?」

 そう言いながら、細い鉄の棒に付いてるボタンをエリカ様が押すと、バイブ機能が作動した。

「ああ、ダメです、これは、これは!」

 あまりの気持ち良さに意識が薄れ始めた。そこへ、エリカ様は、

「自分だけ気持ち良くなるなんて許せないわね」

 僕の顔の上に跨がり、Tバックをずらして、股間を僕の口に押し当ててきた。愛液がドロドロと口の中に流れ込んできて、息が詰まる。

「うっ、うっ」

「もっと強く?」

 エリカ様にそう訊かれたかと思うと、鉄の棒のバイブがさらに強さを増し、その気持ち良さと息苦しさで、僕は気を失った。

 尿道バイブが気持ち良かっただけに、夢から醒めた時の喪失感は、今までの非ではなかった。

 どうにかして、エリカ様を昔のような姿に戻せないかと思案しながら、僕は着替えを済ませ、池尻大橋にあるマンションへとエリカ様を迎えに行った。

 マンション前から電話をかけると、

「おはよう」

 爽やかな声が返ってきて、エリカ様はすぐに姿を現した。僕がマネージャーに就いて以来、一度も寝坊したことはない。昔は毎日のように朝までクラブ遊びしていたらしいのに、今はまったくもって真面目そのもの。

【アイドル妄想ぺろぺろ劇場06】「全然気持ちよくない」と言いながら乳首をつねってくるエリカ様のクリトリスをぺろぺろのページです。おたぽるは、その他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。