花巻太郎先生の作品が読めるのは「おたぽる@HENTAI!!」だけ!

 この日のスケジュールは、午前中に2つの洞窟を回って、午後に1つの洞窟。一旦、旅館へ戻ってから、夜に1番大きい墓地をロケする、ということだった。

 洞窟の中でのロケの時には、カンナちゃんは昨日と同じように密着してきた。昨夜は熟女のようなテクニックを見せてきたけど、今は年相応の可愛らしいアイドルぶり。そのメリハリ、プロ根性といってもいいのか、オレは尊敬の念さえ抱いた。

 ロケバスの移動中、今夜もカンナちゃんが逆夜這いしてくることを想定して、金縛りを解く方法をネットで探した。オレばっかり気持ちいい思いをしているのでは、男が廃ると思ったからだ。

 金縛りの解き方はわからなかったけど、疲れや緊張状態が原因の1つであることはわかった。初めての大きな仕事の緊張と、東京からの長距離移動による疲れ。確かに、昨夜は金縛りにかかりやすい状態だったのかもしれない。

 旅館へ戻ってからの休憩時間、疲れと緊張をほぐそうと、大浴場へ向かった。露天風呂は貸し切り状態で、疲れも緊張もすっかり吹き飛んだ。夜に向けて、準備は整った。

 夜のロケは稲沢も一緒に墓地を回ったからか、カンナちゃんの抱き付きはなくて、物足りなかったけど、本番は旅館に戻ってから、と自分に言い聞かせた。

 旅館に到着したのは、23時過ぎ。

 念のため、もう一度、温泉に浸かり、脱衣所にあったマッサージチェアでロケの疲れをとってから、準備万端、オレは部屋へと戻り布団の中に潜り込んだ。

 カチャッ。

 いつの間にか眠ってしまっていたオレは、ドアノブの音で目が覚めた。カンナちゃんに違いない。今夜は出迎えてあげよう、と体を起こそうとしても、まったく動かない。オレはまた、金縛りにあっていた。

 ドアがゆっくりと開いて、カンナちゃんが入ってくる。オレの傍らに立って、浴衣を脱ぎ捨てる。ふわっと漂ってくる香水の香りで、オレのムスコはパブロフの犬のように、早くも勃起した。

 カンナちゃんの息も荒い。昨日以上に興奮しているようだ。いきなり、オレの顔の真上に跨ったかと思うと、そのまま股間をオレの口元に急下降させてきた。

――毛がない!

 あの豊かだった茂みは消え去り、不毛地帯と化した割れ目からは、クリトリスが剥き出しになっている。これがウワサのパイパンてやつだ。幼女のそれを舐めているような背徳感を感じつつも、ぴちゃぴちゃと音を立てて、クリトリスを激しく舐めた。すると、

「あっあっはっううん……」

 押し殺した喘ぎ声が聞こえてくる。興奮してきたカンナちゃんは、クリトリスをオレの鼻に擦り付けるようにして、腰を振りながら、両手を後ろに伸ばして、オレの乳首をつねってきた。昨日よりも乱暴なその愛撫に、オレもたまらず、

「おっおっはぁ……」

 喘ぎ声を漏らす。漏らすごとに、カンナちゃんの腰の振りも激しくなり、

「はぁ~~~ん!」

【アイドル妄想ぺろぺろ劇場02】100●年にひとり!天使すぎるカンナちゃんの茂みを一心不乱にぺろぺろのページです。おたぽるは、その他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。