華山みおの物語探索その28

 週刊少年ジャンプのテーマは「友情・努力・勝利」男同士の拳のバトルが王道で、もちろん主役は少年が中心。私も小さな頃から数々のそんなジャンプ漫画に幾度となくドキドキとワクワク、感動と興奮を貰ってきました。

 今回は、現在週刊少年ジャンプで大絶賛連載中の熱い熱い漫画、だけど王道のジャンプ漫画ではない『アクタージュ act-age』をレビューします。

 以下、あらすじです。

■■■■■■■■■■■
 役者志望の女子高生「夜凪 景(よなぎ けい)」はプロダクション『スターズ』のオーディションを受けるが、不合格となる。しかし、その選考にかかわっていた映画監督「黒山 墨字(くろやま すみじ)」と出会い、黒山の率いる『スタジオ大黒天』に所属し、役者をめざし成長していく姿を描く。
■■■■■■■■■■■

 芝居の世界には拳と拳のやり取りはないし、名前のある必殺技が繰り出されるわけでもありません。その世界は広大で、ゴールもありませんし、正解もありません。明確な敵もいません。しかし芝居に向き合うと、恐ろしいくらいにいくつもの試練が立ちはだかります。なるほど、芝居とはなんてジャンプ向きの題材なのでしょう。

 主人公・夜凪ちゃんも天才役者と言われながらも、作中は事務所オーディションから始まり、エキストラ・映画・舞台……とその度に立ちはだかる試練に向き合い、成長していきます。だけどこの物語は、彼女の成長だけが見どころではありません!!!

 レビューを書いたりしていますが、実は私・華山みおは役者です。声優を主にやらせていただいています。だから……というわけではないのですが、美内すずえ先生の漫画『ガラスの仮面』、恩田陸先生の小説『チョコレートコスモス』などお芝居がテーマの物語が大好きなんです。そういった作品は、読んでいると「あああああああーーーー!」って叫びたくなるんです。わかるー! と共感するポイント、同じ悩みでつまずいた記憶、私が行きたかったあの場所、悔しかった気持ち、あの達成感、あの高揚感……。色んな気持ちが刺激されて、いても立ってもいられなくなります。

 アクタージュは、天才役者と呼ばれる夜凪ちゃん以外にも完璧なヴィジュアル故に天使と呼ばれる千世子、カメレオン役者の阿良也など、スター役者が多く登場します。しかし、大半の役者は天才ではなく、天使でもなく、カメレオンでもありません。だけど芝居が好きで、捕らわれて、辞められなくて、芝居に対して邁進するキャラクターもたくさん出てきます。

 その中でも特に、星アキラというキャラクターから目が離せません。アキラはイケメン俳優。だけどその地位は社長である母親のごり押しによるもの。近い位置で圧倒的な天才たちに囲まれて悩み惑い、自身が何者でもないことを知りつつも、私とはもちろん置かれている立場は違うんですけど、努力を辞めない彼の姿に親近感を覚えてしまいます。

 役者とは別だとしても、何かの世界でもがいている人は、アキラの気持ちに共感できる部分があるのではないでしょうか。2月発売予定の5巻に収録されるであろう彼の『銀河鉄道の夜』のエピソードは必見です。

 その他、この作品の特徴として悪役がいません。厳密に言うと、ライバルになる人はいるのですが、足をひっぱってやろう、貶めてやろうみたいな人がいないのです。全員が信念を持って芝居と向き合い、作品をより良くするためにそれぞれが切磋琢磨しているので、読んでいて嫌な気持ちになることが少ないです。

 また、作中のおまけに描かれているコーナーで、キャラクターの好きな映画作品が載っているのが面白いです。好きな作品って、その人の人となりがなんとなく知れて面白いし、自分の好きな作品をキャラクターも観ているんだなと思うと、親近感が湧いてきます。

 お芝居・芸能は作品を楽しんでもらいたいという気持ちの上に成り立っていて、厳しくも楽しい世界ですが、キラキラしているだけではなくて試練だらけです。『アクタージュ』はそんな世界をダイレクトに伝えてくれる作品です。

 何度も息をのんで、何度も興奮して、何度も泣きそうになりました。メディアミックスした際に夜凪役めっちゃむずかしいだろうな……。でもすっごく楽しいだろうな。

 これからも絶対目が離せない漫画です! ジャンプが毎週楽しみー!!

『アクタージュ act-age』華やかだけど極めて厳しい芝居の世界をリアルにジャンプが描く!夢を追う人は必読!!のページです。おたぽるは、声優人気連載漫画アイドル&声優マンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…