12月2日放送のTVアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)で、友達想いなまる子たちが話題に。今回もネット上で大反響が起こっていたので、ネット民の声と共に内容を紹介していこう。

 話題のエピソードは『永沢、家出する』の巻。ある日、永沢はおつかいから帰ると「この前、太郎(永沢の弟)に壊されちゃった飛行機のオモチャだけど、新しいのいつ買ってくれるんだい?」とお母さんにおねだりする。しかしお母さんは「前にも言っただろ、もう少しまっておくれって。家が火事になって少しでも節約しなきゃいけないんだから」と言ってオモチャの購入を延期。さらにお母さんから買い忘れがあると指摘され、永沢は少し落ち込んでいた。

 翌日、永沢は学校で「1人でどっか行っちゃいたいな」と藤木に愚痴を吐く。それを聞いた藤木は“永沢が家出をするかもしれない”と心配になり、まる子とたまちゃんに相談。次の日、3人は永沢へ本当に家出する気があるのか聞いてみることに。

 まる子やたまちゃんが家出をしないように説得するも、勝手に言いふらした藤木に激怒する永沢。3人の説得はむしろ永沢の家出を後押しする形になってしまい、学校が終わって家に帰った永沢は家出を決意する。永沢は家を出てから特に当てもなく歩いていると、後ろには待ち伏せをしていた3人の姿が。

 3人は心配そうに永沢を見守っていたが、途中でバレて4人で帰ることに。結局永沢が家に帰ると、お母さんは買い物に行っていたため家出に気づいていなかった様子。しかし永沢は心の中で、“お母さんに心配かけなくてよかった”と安心していたのだった。

 永沢を心配していたまる子たちに、ネット上では「この3人ほんとに友達想いのいい子たちだね」「家出を見守ってくれる友達なんてそうそういないよ」「永沢はまる子や藤木に感謝したほうがいい」「なんだかんだ言ってまる子や藤木も良い奴」と絶賛の声が続出。また永沢に対しても「友達への態度は横暴だけど、永沢って親には優しいよね」「ここまで思っている友だちがたくさん居ることは、永沢くんにとってとても幸せなこと」「永沢も意外と優しいところあるから、まる子たちが来てくれて嬉しかったんだろうな」といった反響が起こっている。

 永沢が家出を思いつく要因のひとつになった火事だが、それを描いた『永沢君の家、火事になる』の巻が放送されたのは、1992年。『ちびまる子ちゃん』は年月が進むことがない、いわゆる“サザエさん時空”の作品ではあるが、未だ永沢家は火事の影響を引きずっているようだ……。

『ちびまる子ちゃん』永沢の家出を見守るまる子たちに視聴者ほっこり「友達想いのいい子たちだね」のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…