20日、人気アイドルグループ・乃木坂46の生田絵梨花が、来年1月22日に2nd写真集をリリースすることが決定したと発表。同作品には自身初となるランジェリーショットが収録されることも明らかになり、ファンの間で歓喜の声が飛び交った。

「2016年に発売された1st写真集『転調』(集英社)では、生まれ故郷であるドイツ・デュッセルドルフでロケを行い、水着姿を初披露した生田。お嬢様育ちとのギャップでファンを興奮させましたが、今回の作品の先行カットでは、胸の谷間がチラリと見えるセクシーショットもあったことから、『大人の色気が増した!』『清楚なのに艶もある』などとファンは絶賛の声を上げ挙げています。撮影を担当したのが、現在大ヒットを記録中の白石麻衣・2nd写真集『パスポート』(講談社)でも撮影を担当した中村和孝氏であることも含め、ファンの期待は高まっています」(芸能関係者)

 今回の作品ではアメリカ・ニューヨークでのオールロケを敢行。ミュージカル女優としても活躍する生田のイメージにぴったりのロケーションとなったが、それだけにファンの間では、「留学の下見も兼ねていたのでは?」と臆測の声も飛び交っている。

「ニューヨークといえばミュージカルの本場・ブロードウェイがあり、今回の作品のロケ地にも選ばれていますが、昨年頃から乃木坂46の活動と並行して数々の舞台出演が続く生田にとっては良い刺激が得られたのではないでしょうか。

 今年5月に公演されたミュージカル『モーツァルト!』では、トリプルキャストで共にコンスタンツェ役を務めた平野綾は、16年に半年間のニューヨーク留学を経験済み。さらに、14年に公演された同作品の同役で平野とWキャストを務めたソニンも12年から約1年半、同地での留学を経験した過去がありますから、生田も将来的に乃木坂46としての活動を休止、あるいは卒業して留学を希望したとしても不思議はありません」(同)

 生田は来年1月から公演開始予定の、世界的な文豪・トルストイの名作『戦争と平和』の第2巻第5部を題材としたミュージカル作品『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』でヒロイン役を務めることが決定している。ハイレベルな本場の空気を肌で感じてきた生田がどんな演技を見せるのか、楽しみだ。

生田絵梨花(乃木坂46)、2nd写真集リリース決定にファン歓喜も、“留学前の下見”を臆測する声も?のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…