『BLACK LAGOON』4年半ぶりに単行本が発売! 今後はどうなる?の画像1
『BLACK LAGOON(11)ロアナプラお土産セット付き限定版』 (サンデーGXコミックス)

 広江礼威のヒット作『BLACK LAGOON』(小学館)の単行本が4年半ぶりに刊行。待ち続けていたファンたちは歓喜に沸いている。

 2001年に「月刊サンデージェネックス」(同)にて読み切り掲載の後、2002年から連載が開始された、この作品。テレビアニメも2期放送された後、海外でのヒットも受けて第3期がOVAでリリースされるという世界規模の人気作である。

 だが、近年はたびたび休載。今回の単行本発売前の8月には、また「単行本作業のため」と理由を告げてそのまま休載となっている。そのため、業界内外では作者の健康不安もささやかれている状態である。

 健康不安もさることながら、作品そのものについて業界内外で語られるのは「読者が納得できる形で完結させるのが、相当難しい」ということ。というのも、連載開始からすでに16年を迎え、作品と現実の世界情勢が大きく乖離してしまっているからだ。

 ご存じの通り、物語の舞台は東南アジアの架空の都市・ロアナプラ。そこには、世界の犯罪組織や反体制勢力が集っているという設定である。だが、そこで描かれる勢力構造が、すでに過去のものとなっているのだ。

「物語で描かれている時代は冷戦崩壊後。1990年代後半ごろだと考えられます。連載開始前年の2001年には9.11がありました。その後、イラク戦争を経てイスラム原理主義勢力という、当時は考えられなかった勢力が台頭し、世界規模の脅威となっています。物語で存在感を発揮しているCIAも9.11が阻止できず、その後も失態を繰り返しNSAに存在意義を奪われています。今の世界情勢で、どこの国の政府もロアナプラのような街を“必要悪”として認めはしないでしょう」(編集者)

 ロベルタ編で多くのページを割いて描かれたコロンビア革命軍も、追い詰められた末に武装解除。そのスポンサーであったキューバもアメリカと国交を正常化している時代。そんな世界情勢で、考えられる完結は、ロアナプラの滅亡であろう。

 結果、物語はハッピーエンドでもバッドエンドでも後味の悪いものになりそう。しかし、それでこそ『BLACK LAGOON』の持ち味といえるのかもしれない。
(文=ピーラー・ホラ)

『BLACK LAGOON』4年半ぶりに単行本が発売! 今後はどうなる?のページです。おたぽるは、漫画マンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…