『VoCE』(講談社)公式サイトより

 23日に発売された女性向け美容雑誌「VoCE」(講談社)内に、ヘアー&メイクアーティスト・河北裕介氏が来年1月に発売予定の著書『もう、誰かにならなくていい。“最高の私”になればいい 58の読む河北メイク』(同)のアザーカットが掲載。アメリカ・ロサンゼルス(以下、L.A.)で撮影した写真の数々が紹介され、モデルを務めた女優・川口春奈の“風評被害”が完全に晴れることとなった。

 ナチュラルメイクを推奨し、世の女性から圧倒的な支持を得る河北氏。4冊目となる新著では、川口、桐谷美玲、沢尻エリカの人気女優3名をフィーチャーし、それぞれ別の3都市で撮り下ろしと対談を行った。

「同作品に川口は“自然体な美女”として登場したのですが、L.A.ロケ2日目にはスタッフたちの念願だったという、大谷翔平選手が所属するロサンゼルス・エンゼルスの試合を観戦。赤で統一されたキャップとユニフォームを着用した姿は、川口が5月に自身のInstagramにアップしたものと同じもの。投稿した当時は、『大谷の追っかけ?』という邪推の声がネットの一部にはありました。今回、ロケの様子がしっかり伝えられたことで、風評被害だったことが明確になった形です」(芸能関係者)

 そのアザーカットでは、起き抜けのほぼすっぴん状態で撮影を行い、メイクでキメた時とのギャップに「スタッフ一同、一瞬で心が奪われました(笑)」とレポされた川口。Instagram上にアップする飾らない姿でもファンのハートをつかみまくっている様子だ。

「今月23日には、『お風呂上がり。着替えたくもない、でもあそこに食べに行きたい。そのまま行っちゃうのが私!』と書き込み、頭と首にタオルを巻き、すっぴん&黒縁メガネ、パジャマらしき服を着て撮影した画像をアップした川口。『事務所の人に怒られない!?』と、ファンの方が逆に冷や冷やしてしまうほど、素の表情を見せています。特に、友人で女優の岡本あずさとのツーショットではリミッターが外れてしまうらしく、18日には目を大きく見開いた変顔を披露。その自然体な姿で人気は上々ですね」(同)

 名だたる女優やタレントから指名殺到の河北氏から“ミューズ”と称された川口は、芸能界でも突出した魅力にあふれているのだろう。来年には高橋一生とのW主演映画『九月の恋と出会うまで』が公開予定とのことで、オン・オフどちらの顔も期待ができる。

川口春奈、“大谷翔平の追っかけ”風評被害であったことが確定 衝撃の変顔&風呂上がり画像で好感度アップのページです。おたぽるは、芸能アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…