レートの覇者ガブリアスも登場!? 「ポケモンGO」第4世代実装に期待の声の画像1
『ポケモンGO』公式サイトより

 10月17日、『ポケモンGO』にシンオウ地方ポケモンの実装が発表された。いわゆる“第4世代”と呼ばれる『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』『ポケットモンスター プラチナ』のポケモンたちが満を持して登場。全国のユーザーからは歓喜の声が上がっている。

『ポケモンGO』公式サイトでは、「シンオウ地方で発見されたポケモンは、これから数か月に渡って続々と『Pokémon GO』にやってきます! 数か月の間、新たなポケモンが野生で出現したり、『タマゴ』からかえったり、『レイドバトル』に登場したりするようです」と告知。新しいポケモンたちが、順次追加されていくという。

 シンオウ地方のポケモンと言えば、ナエトル、ヒコザル、ポッチャマといった“御三家”をはじめ、人気のポケモンが盛りだくさん。映画にも登場したルカリオやダークライ、パルキア、ディアルガなども第4世代だ。

 このアップデートにSNSなどでは、「とうとう第4世代が実装か……、『ダイヤモンド・パール』は小学生の頃最初にやったポケモンだから感慨深い」「しばらく離れてたけど、またポケモンGO始めた」「俺の相棒のゴウカザルが出てくるってマジ?」といった声が。またすでにシンオウ地方のポケモンを見かけた人もいるようで、「ヒコザルいたぁ!」「ポッチャマ出てきてテンションぶち上がった」「ムックルがいる! めっちゃ懐かしい」との声も上がっている。

 また第4世代で使用頻度が高かった“強ポケ”の参入に期待する声も多い。中でも注目を集めているのが、当時“レートの覇者”などと言われ多くのトレーナーを蹂躙してきたガブリアス。高速・高火力で弱点となるタイプも少なく、『ダイヤモンド・パール』『プラチナ』で登場して以降長きに渡ってトップメタに君臨してきた。

 弱点の“フェアリータイプ”が猛威を振るっている現環境では苦渋をなめさせられているが、それでも使用率は少なくない。「ポケモングローバルリンク」が公開している『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』シーズン12のデータでは、「全ての対戦」の項目で使用率29位に入っている。

 そんなガブリアスが『ポケモンGO』の舞台でどれだけ暴れるのか、SNSでは「ガブリアス政権が復活しそう」「また“ガブリアスを使わないのは舐めプ”みたいな風潮になったら面白いな」「ガブリアスの天下統一が始まる」「ガブの最強個体作るためだけにポケモンGOやりたい」などとざわついていた。

 ちなみに今年8月には、Niantic社がポーランドメディア「gram」のインタビューでプレイヤー同士の対戦機能実装を示唆している。ガブリアス以外にも“強ポケが多い”と言われるシンオウ地方のポケモンは、どのような活躍を見せてくれるのだろうか。

“レートの覇者”ガブリアスも登場!? 「ポケモンGO」第4世代実装に期待の声のページです。おたぽるは、ゲームモバイルゲームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…