欅坂46・齋藤冬優花公式ブログより

 14日、人気アイドルグループ・欅坂46の“ふーちゃん”こと齋藤冬優花が、「ひなちゃん可愛すぎて もう後ろから襲いかかるおばさんつらい泣」と書き込み、関連グループ・けやき坂46の河田陽菜の背後で両手を広げて襲おうとしているツーショットを自身のブログにアップ。河田17歳、齋藤20歳と3歳しか違わないため、「ふーちゃん、自虐が大袈裟」とファンの笑いを誘った。

 この日はメンバーが自由な服装で参加する個人握手会が行われ、齋藤は魔女の格好をしたことにちなみ、白雪姫のコスプレをした同期の小池美波とのツーショットをアップ。さらに、童話つながりで「これもセットいけそ~って思って声かけてしもうた」という、赤ずきん風の格好をした河田との写真も披露した。

「齋藤の自虐コメントに笑いが起こる一方、今年1月にネット配信された『欅坂46メンバーが振り返る! 初ワンマンLIVE 完全版』(AbemaTV)では、欅坂46の織田奈那が河田推しであることを表明し、メンバーの守屋茜から『(可愛がり方が)近所のおばちゃんみたいになってるよね』と指摘された経緯があるため、『先輩たちから見てそれだけ可愛い存在ってことだね』『陽菜ちゃんは愛されキャラなんだな』などと、欅坂46ファンの間でも注目度が上昇しているようですね」(芸能関係者)

 同番組では、人見知りのために河田に近づけないと語っていた織田だが、今では自身のブログで『天使編 ひなかんさつ』と名付けた河田の観察日記を不定期連載。レアショットを紹介し、河田ファンから感謝されている。

「織田は同期の推しメンである“ゆいぽん”こと小林由依の観察日記『ぽんかんさつ』も不定期連載しているため、その差別化の意味も込めて『天使編』と銘打ったようですが、河田ファンからは、『まさに天使』『地上に降り立ってくれて、どうもありがとう』などと、好評のようですね。今月11日に投稿された『ひなかんさつ』では、両手を丸めて猫のようなポーズをとる河田に対する織田の『可愛すぎて引いてるよ~ 漫画から出てきたみたいほんと 山口におったんやねぇ 東京に来てくれてありがとう』というコメントに、『本当に山口県から来てくれてありがとう』と、同調の声が集まったようですね」(同)

 一見おとなしそうな河田だが、ここ最近、冠番組『ひらがな推し』(テレビ東京系)では、楽屋で騒がしいことが明かされ、今後はそのギャップでも新たなファン層を開拓していくことになるかもしれない。

けやき坂46の天使・河田陽菜、欅坂46メンバーをおばさん化させる? 「東京に来てくれてありがとう」に同調の声のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…