新枠移動の『ポケモン』が『まる子』にダブルスコアで敗北! しかし視聴率に大きな影響はナシ!?の画像1
テレビ東京『ポケットモンスター サン&ムーン』公式サイトより

 10月7日に放送されたアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』(テレビ東京系)の視聴率が、3.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことが判明。放送時間枠が移動したものの、視聴率はあまり変わらない結果になったようだ。

 昨年の4月に放送開始20周年を迎えた長寿アニメ『ポケモン』。長らく木曜のゴールデンタイムに放送されていたが、10月から“日曜の18時”へ移動することに。同枠といえば『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)の放送時間ということで、視聴率対決に注目が集まっていた。

 蓋を開けてみると10月7日放送回は『ポケモン』が3.1%だったのに対して、『まる子』は8.3%で2倍以上の差に。しかし『ポケモン』の前回放送(9月13日)は3.0%だったため、枠を移動してもほとんど変わらない結果になった。

 一方『まる子』の前回放送(9月30日)は9.9%だったので、『ポケモン』の参入で1.6%も下落している。だが『まる子』はその前の放送(9月23日)が8.5%、さらに前の放送(9月16日)は8.8%という数字。『ポケモン』に視聴者を取られ、数字が落ちたという訳ではなさそうだ。

 この数字に『ポケモン』ファンからは、「新枠になってもほぼプラマイゼロかよw」「いつも通りだな。とりあえずまる子に勝つのは諦めた方が良さそう」「3週も休止した後の時間移動で、この数字ならむしろ高い方でしょ」「うちの息子ポケモン好きだけど、まるちゃん選んでたわ」「お互いに影響がないなら引っ越し成功なのでは?」といった声が上がっている。

 また視聴率だけでなく、日曜枠の『ポケモン』で初めて放送されたのが「大量発生チュウ! ピカチュウのたに!!」という“ピカチュウ回”だったことも注目を集めた。実は“ポケモンショック”で一時期放送中止になった『ポケモン』は、放送再開時に火曜から木曜へ枠が移動。木曜へ枠移動後の初回放送も、「ピカチュウのもり」という“ピカチュウ回”が放送されていた。

 当時のことを覚えているファンからは、「枠移動といえばピカチュウ回」「枠移動後がピカチュウ回なのエモい……」「引越し回の記念すべき第1回がピカチュウ回というのは、ピカチュウのもりを思い出すわ」などの声も上がっている。

 枠が移動しても数字が大きく変わらなかった『ポケモン』。このまま日曜日に定着して、長く放送が続くことを願いたい。

新枠移動の『ポケモン』が『まる子』にダブルスコアで敗北! しかし視聴率に大きな影響はナシ!?のページです。おたぽるは、アニメ業界事情の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…