『ゴブリンスレイヤー』のリョナ描写は「BPO案件」!? 『ハッピーシュガーライフ』はセーフだったけど…の画像1
TVアニメ『ゴブリンスレイヤー』公式サイトより

 放送における言論・表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するため、放送への苦情や放送倫理の問題に対応する第三者の機関・BPO(放送倫理・番組向上機構)が、「2018年9月に視聴者から寄せられた意見」を公式サイト上に公開した。

 BPOでは、その月に寄せられた視聴者からの意見を抜粋して紹介しているが、その中にはTVアニメ、特に「深夜アニメ」に対する苦情がたびたび見られる。主に性的描写、暴力・残虐描写がある作品について「子どもにはふさわしくない内容だ」という苦情だ。

 そもそも深夜アニメはアニメと言っても、子ども向けに制作しているワケではないのだが……と、思わず突っ込みたくなる苦情も多いが、9月にはそういった苦情を入れる視聴者に対し、「深夜アニメは子どもが間違って見ないように深夜に放送しているのであって、それに対して“子どもが見たらどうするのか”という意見を述べるのはおかしい」というド正論な意見が紹介され、ネットでも話題を集めた(参照記事)。

 この意見の影響もあったのか、今回の「2018年9月に視聴者から寄せられた意見」には、アニメに対する苦情は見られない(ただ、サイト上で公開されていない可能性はある)。

 その一方、10月から放送がスタートしたTVアニメ『ゴブリンスレイヤー』(TOKYO MXほか)では、第1話から展開されたリョナ描写について、「流石にBPO案件」「通報されても仕方ない」といった声が続出中だ。

 最下級モンスター・ゴブリンのみを狩り続ける「ゴブリンスレイヤー」の活躍を描く本作。蝸牛くも氏のライトノベルが原作で、黒瀬浩介氏によってコミカライズ化もされている。

 ライトノベルないしコミックスを一度でも目にした人は、「よくアニメ化に踏み切ったな」と感じただろう。すでにアニメを目にしている人も多いと思うので、詳細な説明は省くが、ゴブリンに舐めてかかった冒険者たちが虐殺され、女性については無残にも陵辱されるという衝撃的なシーンが1話から展開される。アニメ版については、規制ギリギリと言えるラインで陵辱シーンが描かれていた。かなり挑戦的な作品と言えるだろう。

『ゴブリンスレイヤー』は決して「ただ、エログロを見せたい」という作品ではないが、リョナ描写があると、どうしても好き嫌いが分かれてしまうため、アニメファンからも「めちゃめちゃ気分悪くなった」「自分にはしんどい」「ごりごりSAN値削られた」という声が上がっている。

 もちろん本作を評価する声もあるが、BPOに苦情が寄せられている可能性は十分ありえる。なお、前回クール放送の『ハッピーシュガーライフ』についても「BPO案件」という声が上がっていたが、BPOのサイト上に苦情が載ることは最後までなかった。もしかすると『ゴブリンスレイヤー』も免れるかもしれない?

『ゴブリンスレイヤー』のリョナ描写は「BPO案件」!? 『ハッピーシュガーライフ』はセーフだったけど…のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…