劇場版『モンスターストライク』初登場1位! しかしトレ玉乞食続出で前作の興収比34.3%に激減!?の画像1
『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』公式サイトより

 10月9日に興行通信社が「全国週末興行成績」を発表。映画『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』(以下、『ソラノカナタ』)が初登場1位に輝いたのだが、さまざまな物議を醸している。

 10月5日に公開された同作は、“モンスト”の愛称でお馴染みのゲームアプリ『モンスターストライク』をオリジナルストーリーで映画化した長編アニメ。窪田正孝が声優初挑戦で主人公を演じ、広瀬アリスがヒロインの声を担当したことが上映前から注目を集めていた。

 劇場版モンスト第2作目となる『ソラノカナタ』は、土日2日間で動員11万5,000人・興行収入1億5,100万円を記録。『プーと大人になった僕』や『劇場版 夏目友人帳 うつせみに結ぶ』などの注目作を抑え、見事「国内映画ランキング」1位に。

 鑑賞者からは、「しっかりと作り込まれていて、ゲームを知らなくても十分楽しめた」「何となく見るには難しめな内容。しかし登場人物の行動やセリフにテーマがあって、そこに気がつくと一気に面白くなる」といった絶賛の声が。しかし一方で「敵と味方がよくわからなくて、出だしから展開についていけず仕舞い。ただただ闘うシーンばかりで飽きちゃいました」「良い点を述べるとすれば、映画の上映時間が短いことと特典をゲットできること」というネガティブな意見もあり、賛否を呼んでいる。

 また「前作からかなり数字落としたな」「これは前作を越すのは難しそうだ……」などの声も多い。『ソラノカナタ』のオープニング興収は、劇場版モンスト第1作目の『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』の34.3%ほど。初登場1位には輝いたが、前作から大きく数字を下げていた。その原因は“特典の流出”にあるとの声も。

『ソラノカナタ』は「トレ玉」と「カナタオラゴン」という映画鑑賞特典が貰えるのだが、Twitterには「ダメ元で映画館外の壁沿い歩いてたら、トレ玉GET出来てワロタ」「映画みなくてもトレ玉引けて爆笑してる」「地元の映画館ではトイレに行くだけで貰えちゃいましたw 明日も行きます」という声が。映画を見なくても特典をゲットできたことが、動員に少なからず影響したのだろう。

 この“トレ玉乞食”は、モンストユーザーの間で「流石に引くわ」「不正入手して自慢気にツイートしてる奴ヤバいだろ」と話題に。10月11日には、映画公式サイトも「大切なお願い」として不正を行うユーザーに警告、また対策に乗り出した映画館もあり、現在は不正入手はできなくなっているようだ。

 劇場版第1作目は7.4億円の興収を記録したモンスト。『ソラノカナタ』はどこまで数字を伸ばすことができるのだろうか。

劇場版『モンスターストライク』初登場1位! しかし“トレ玉乞食”続出で前作の興収比34.3%に激減!?のページです。おたぽるは、映画その他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…