『ロックマン』がまさかのハリウッド実写化! ハリウッド版『モンハン』は異世界召喚モノになりそうだけど……の画像1
『ロックマン11 運命の歯車!!』(Nintendo Switch)

 10月4日にシリーズ最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』が発売された『ロックマン』シリーズ。新作の発売同日には、『ロックマン』がハリウッドで実写映画化されるとカプコンが発表し、ネットには「ロックマンのハリウッド実写化は気になる!」「どんなビジュアルになるんだ……」「嫌な予感がする」といった様々な声が上がっている。

 実写版のタイトルは『MEGA MAN(仮称、ロックマンの海外名称)』。20世紀フォックス社から配給される予定で、制作は『猿の惑星』シリーズなどを手掛けた、米チャーニン・エンターテイメント社が手がける。監督と脚本は『パラノーマル・アクティビティ』シリーズで知られるアリエル・シュルマンとヘンリー・ジュースト、プロデューサーは『HEROES』での好演などで知られるマシ・オカ氏が務めるという。

 カプコンによると、「長年親しまれてきた『ロックマン』の世界観を踏襲した上で、ハリウッド作品としてのエンタテインメントや壮大な演出により、ゲームファンのみならずアクション映画ファンまで、幅広い世代が楽しめる作品」を目指していくという。

 今回の情報だけではどんな実写作品になるか見当もつかないが、「ハリウッド実写化」というワードに『DRAGONBALL EVOLUTION』や『ゴースト・イン・ザ・シェル/攻殻機動隊』といった“黒歴史”とも揶揄されるハリウッド作を思い出す人も多いようで、「ドラゴンボールの二の舞にならなければいいけど」「ドラゴンボールの悪夢が蘇る」といった声は多数ある。

 先月にも同じくカプコンの人気作『モンスターハンター』のハリウッド実写化が明らかとなり、実写版の『バイオハザード』シリーズで知られるミラ・ジョヴォヴィッチが主演を務めることも判明。ただ、映画のあらすじが<ミラ演じる主人公が、モンスターがのさばる異世界に送られ、モンスターの地球襲撃を防ぐ>という、まさかの異世界召喚モノになると海外サイトが報じ、ややファンの不安を増長させている。

 カプコンといえば、『ストリートファイター』シリーズや『バイオハザード』シリーズについてもハリウッドで実写映画化済。今回のプレスリリースの末尾には、「当社では、ワンコンテンツ・マルチユース戦略に基づき、豊富なオリジナルゲームコンテンツを活用した映像化に積極的に取り組んでいます。(中略)今後も映像メディアの持つ高いプロモーション効果を最大限に活用し、ゲームコンテンツのブランド価値を高めてまいります」とある。

『ロックマン』だけでなく、今後も他作品の映像メディア化していく、ということだろうが――それによって“ゲームコンテンツのブランド価値”を高められるかどうが、これからも注目していきたい。

『ロックマン』がまさかのハリウッド実写化! ハリウッド版『モンハン』は異世界召喚モノになりそうだけど……のページです。おたぽるは、ゲーム業界事情ゲームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…