1806_ikuta.jpg乃木坂46・生田絵梨花公式ブログより

 5月28日、人気アイドルグループ・乃木坂46の“生ちゃん”こと生田絵梨花が、ミュージカル『モーツァルト!』の楽屋裏で撮影した写真を自身のブログにアップ。ファンを喜ばせた。

 クラシック音楽の巨匠の生涯を描いた同ミュージカル。生田が演じるのは、主人公モーツァルトの妻・コンスタンツェ。平野綾、木下晴香のトリプルキャストで演じられており、生田はブログ投稿の前日、5月27日に初日を迎えた。

「生田は、ばっちりヘアメイクした状態で木下と撮った画像をアップしたのですが、悪妻と名高いコンスタンツェをイメージした、普段よりもキリっとした顔立ちに、『別人みたい!』『こんな美人なら、悪妻でもかまわない』などと、ファンは興奮したようです。また、『これ着るとアイドルっぽい〜って言われます』と書き込み、乃木坂46の衣装にはないという、ふりふりスカートを穿いたショットも投稿。いかにもアイドルな出で立ちと、“悪妻メイク”とのギャップにファンの称賛の声が集まったようですね」(芸能関係者)

 この日の公演には、同じグループの“ちーちゃん”こと斎藤ちはるや山崎怜奈、佐藤楓が観劇に訪れたとのことで、楽屋で撮影した画像も投稿されたが、「ちーはなんだか母のような眼差しでした。笑」という生田の言葉に、ある種の感慨を覚えるファンは少なくなかったようだ。

「生田と斎藤、そして元メンバーの中元日芽香を加えた3人は、乃木坂46が結成された時に中学3年生だったため、ファンの間では“中3組”トリオとして親しまれてきました。しかし、昨年末に中元が芸能界から引退し、斎藤も来月に卒業予定。中3組はとうとう生田1人に。ラジオで3人が共演した際には、自由奔放な生田を中元と斎藤が優しく見守る、という状況になることが多かっただけに、ブログでの“母のような眼差し”という言葉にファンは過敏に反応。『中3トリオの思い出が蘇って泣けてきた』『ちーちゃんがいなくなるの寂しすぎる』などと、感傷的なコメントが続出したようです」(同)

 小学校低学年のころから夢だったという帝国劇場でのミュージカル出演を、昨年の『レ・ミゼラブル』に続き、今回の『モーツァルト!』でも叶えた生田。アイドルとしてだけでなく、ミュージカル女優としても着々とキャリアを築いているが、人一倍の努力家として知られているだけに、さらなる活躍と、残された時間内での斎藤との絡みに注目したい。

生田絵梨花、悪妻メイク&ふりふりスカート姿に絶賛の声 斎藤ちはるの“母のような眼差し”に反響のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…