話題の声優イベント「ことだま屋」の敏腕プロデューサー・鈴木考太氏に直撃インタビュー!彼はビジネスマン?役者?一体何者なの??の画像1株式会社スィンクエンターテインメント代表・鈴木考太氏

 最近話題の「ことだま屋本舗」という声優イベントをご存じだろうか。

 この「ことだま屋本舗」は、「ことだま屋本舗リーディング部」「ことだま屋本舗EXステージ」など、コメディにふりきったり朗読劇だったり、マンガコンテンツとコラボしたり、内容によって様々なスタイルに変わる。最大の特徴は、実力派のトップ声優陣が“超”ライブ感重視のリアルなエンターテイメントを提供してくれるということだ。

 このイベントを主催しているのが株式会社スィンクエンターテインメントである。そしてその代表が鈴木考太氏だ。鈴木考太氏は鈴木コウタとして、自身も役者という顔を持つ傍ら、上記のようなエンターテイメント業を取り仕切る、いま注目のプロデューサーなのだ。

 おたぽる編集部では、優秀なビジネスマンであり、役者でもあるマルチな鈴木考太氏とは一体どんな人物なのか。インタビューを敢行した。

――鈴木コウタとして役者でキャリアもあったのに、なぜ会社を起こそうと考えたのでしょうか。おたぽる初登場なので、自己紹介も含めて教えてください。

鈴木考太(以下、鈴木):ぼくはまず、19歳のときにテアトルアカデミーに所属して、そこから役者のキャリアをスタートさせていていきました。その後ATプロダクションに所属するなど、地道にキャリアを伸ばしていき、その中で声のお仕事もさせていただくようになりました。

 それから、NHK教育テレビのお仕事をさせていただくようにまでなりました。そのあと紆余曲折を経て、事務所を退所しフリーで活動を始めました。その際、NHKでお世話になったディレクターの方と「何か面白いことやりたいよね」って話をしていたんです。最初は予算や規模も分からないような状態だったので、難しいものではなく、稽古もシャープにできるものはなんだ?と考えたときに行きついたのが「朗読」だったんです。

 朗読であれば、声優業をやらせていただいたときにたくさんの方々とつながることができていたし、それが活かせたんです。それが現在の「ことだま屋」の始まりであり、株式会社スィンクエンターテインメントの前身団体である「プロジェクトアイノス」の始まりです。

 それからもまた、別の事務所にお世話になったりもしていたのですが、ぼくの中でおぼろげに「40歳になるまでに起業しよう」という気持ちがあったんですよね。事務所からもぼくにプロデューサー的視点を求められるようにもなってきていました。だったら本気でやっていこうかなと思い、決断はものすごく早いほうなんで事務所は退所させてもらい、周りに助けてもらいながら起業するに至ったんです。

――「ことだま屋」は実力派声優のガチでありながら、コメディ要素の強い朗読劇が話題となって人気イベントですが、最初は集客など苦労されたりはしましたか。

鈴木:ことだま屋に関しては、最初から有名でかつ実力のある方に出演してもらっていたので、あまり集客で困ったという意識はないんですよ。

――イベントを観てみると、ファンは当然のこと、出演している声優の皆さんもずいぶんと楽しそうに演じられていますね。

鈴木:はい。「ことだま屋」は言ってしまえばなんでも“あり”なんです。もちろん台本は存在しますが、アドリブだって上等のドタバタリーディングです。なんなら衣装で着ぐるみとかもありです。

 そういった普段では絶対観ることのできなさそうな声優の姿も楽しめるのも、このイベントの魅力であり、好評をいただいている理由でもあります。

話題の声優イベント「ことだま屋」の敏腕プロデューサー・鈴木考太氏に直撃インタビュー!彼はビジネスマン?役者?一体何者なの??のページです。おたぽるは、声優インタビューアイドル&声優その他演劇の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…