現在放送中のTVアニメ『甘い懲罰~私は看守専用ペッド』(TOKYO MXほか)。本作の原作はいづみ翔のTLマンガで、無実の罪で刑務所に収監されてしまったOLが冷酷な看守長に性的支配され、淫らな身体に調教されていく作品だ。

 TLマンガは昨年4月放送の『僧侶と交わる色情の夜に…』以降、立て続けにアニメ化されており、今回の『甘い懲罰』で5作目。このTLアニメシリーズは、電子コミックサイト「ComicFesta アニメZone」で配信されており、地上波で放送されているのはエロ描写を修正した「通常版」だ。局部を「手袋マーク」で隠したり、エロシーンをコミカルなイラストに差し替えるという、シュールな演出も影響して、「声出してワロタ」「世界観がおかしい」と好評だ。

「ComicFesta アニメZone」では、「大人向け完全版」も有料配信されている。完全版はシュールな通常版とは打って変わって、完全にアダルトアニメの仕様。声優に関しても、通常版とは違う声優がキャスティングされており、主人公・早乙女陽菜役に関してはアダルトゲームにも出演している女性声優が起用されている。

■羞恥プレイだらけの回

 episode3「刑罰」は、陽菜が看守長・明神亜貴から“朝の刑”を執行されているところからスタート。昨晩(episode2)、懲罰房で騒ぎを起こした罰として、アソコの中にリモコン式のおもちゃを仕込まれてしまうのだ。

↑こちらは通常版

 いつスイッチを入れられるかわからない状態で、他の囚人と共に体操をさせられるのだが、案の定、亜貴看守長はおもちゃのスイッチをオン。ほかの囚人にバレないように快楽に堪える陽菜がこれまたエロい。我慢をしすぎてトロ顔になってしまっている。結局、陽菜は体操の途中で絶頂してしまい、そのまま気絶してしまう。

 目を覚ますと、陽菜は刑務作業を上から監視する部屋にいた。ガラスの向こうでは、囚人たちが刑務作業を行なっている状態。にもかかわらず、体操をこなせなかった罰として、また陽菜は刑を執行されてしまう。「お前がボロボロになるまで、刑の執行を続けてやるお前の犯した罪は決して許されない」と言う亜貴看守長、完全に何かしらの私情がありそう。

 ガラスの前で、刑務服のジッパーを開けられ、おっぱいが丸見えとなった陽菜。亜貴看守長に手首を縄で固定され、身動きが取れない状態でアソコをまたイジられてしまう。ガラスの向こうに目を向けると、イケメン若頭・比嘉大和の姿が。その時の陽菜はおっぱいをガラスに押し付けられ、亜貴看守長にイジられているアソコも丸見えとなってしまっている状態。「見ないで……!」と叫ぶが、結局、陽菜は大和に見られながら絶頂してしまった。その後、ガラスはマジックミラーであることが判明するのだが……。

 羞恥プレイをされまくった陽菜は「私がこの人に何をしたっていうの?」と心の中で叫んでいたが、まったくそのとおりである。なお、この回では、亜貴看守長が意識不明の母のお見舞いに行くという意味深なシーンがあった。意識不明の母と陽菜に何かしらの関係があって、そこに執着されている原因があるのだろうか?

 この回のラストでは、陽菜の恋人である八雲聖徳が面会時に脱獄を提案して終了。早くも脱獄とは……失敗して亜貴看守長に刑を執行される展開がすでに予想されるがはたして。

『甘い懲罰~私は看守専用ペッド』R-18版が羞恥プレイだらけ アソコにリモコン式のおもちゃを仕込まれてしまう……のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…