トンデモ展開に思わずツッコミを入れたくなるアニメは一定数存在するが、現在放送中のTVアニメ『甘い懲罰~私は看守専用ペット』(TOKYO MXほか)の“ヤバさ”は常軌を逸していると話題だ。

 本作の原作は、いづみ翔のTL(ティーンズラブ)マンガ。TLマンガは昨年4月に放送された『僧侶と交わる色情の夜に…』以降、立て続けに5分間のショートアニメ化されており、今回の『甘い懲罰』で5作目になる。このTLアニメシリーズは、電子コミックサイト「ComicFesta」で配信されていて、地上波で放送されているのは、エロ描写を省いた「通常版」となっている(成人向けの「完全版」はComicFestaで有料配信されている)。

『僧侶と交わる~』のタイトルに倣って、“僧侶枠”として呼び親しまれているTLアニメだが、今クールの『甘い懲罰』については、ネットで「甘い懲罰頭おかしい」「甘い懲罰、今週もヤバイな」と好評(?)だ。

■理不尽すぎる「快楽刑」の数々!

『甘い懲罰』は、まず設定からヤバイ。業務上横領という無実の罪で懲役1年の判決がくだされた主人公の早乙女陽菜は、黒翼刑務所に収監されてしまう。そこで待ち受けていたのは、自分以外は全員男性という過酷な環境と、「明神亜貴」と名乗る冷徹な美貌の看守官長。この刑務所は受刑者の人権がまるでなく、亜貴看守長も理不尽オブ理不尽。陽菜は何かと罰と称したエッチなお仕置きをされまくってしまう。

 入所検査で丸裸にされ、アソコの中まで検査されてしまうのはベタな展開ではあるが、陽菜の恋人・八雲聖徳が面会にやってきた時には、ガラス越しに八雲がいるにもかかわらず、陽菜のアソコに亜貴看守長の魔の手が。なお、陽菜は特別悪いことはしていない。「前にも警告したはずだ。ここは罪を償う場所だと。それをまた……」と亜貴看守長は忠告していたが、それでも理不尽である。

 ある朝には、昨晩騒動を起こした罰として(※陽菜は居合わせていただけ)、「朝の刑」を執行されてしまう。なんと、アソコにブイーンと動くものを仕込まれた状態で体操をさせるという、これまた鬼畜な刑。しかも、体操をしっかりこなせなかった罰として、またエッチな刑に処されてしまう。なぜか亜貴看守長は、陽菜のことを異常に執着していて、「お前がボロボロになるまで刑を執行してやる」と言う始末。

 そんな亜貴看守長だが、病院で昏睡状態の母の見舞いをするシーンでは悲哀に満ちた表情を浮かべていた。どうやら、過去に何かがあって、冷酷な性格になってしまったようだ。現状、陽菜に対してはただヒドイ男だが、そう考えると、どこか憎めないところもある。

 およそマンガ1話分を3分半(完全版は5分)にまとめているのが影響してか、理不尽さが原作より増しているようにも感じる『甘い懲罰』。展開の速度も凄まじく速いため、スピード感も半端ない作品だ。ネットではだんだん『甘い懲罰』にハマるファンも増えているだけに、これからの“理不尽エロ”にも期待したいところだ。

甘い懲罰 私は看守専用ペット 2

甘い懲罰 私は看守専用ペット 2

過去に何があるの~~~???

『甘い懲罰~私は看守専用ペット』が“理不尽エロ”すぎる!! ネットでも「頭おかしい」「今週もヤバイな」と好評のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…