3月24日から26日にかけて、人気BLマンガのアニメ化が立て続けに発表され、腐女子に衝撃が走っている。

 今回、アニメ化されることが決まったのは、おげれつたなかの『ヤリチン☆ビッチ部』(幻冬舎)、桜日梯子の『抱かれたい男1位に脅されています。』(リブレ)、宝井理人の『テンカウント』(新書館)。いずれも腐女子なら誰もが知っている人気マンガだ。『ヤリチン~』と『抱かれたい男~』は3月24、25日に開催された「AnimeJapan2018」にて、『テンカウント』は26日に発売されたコミック最終6巻の帯でアニメ化が発表された。

 なお、『ヤリチン☆ビッチ部』はOAD化。9月21日に発売される第3巻・アニメDVD付き限定版にOAD第1話が付属されるという。『抱かれたい男~』はTVアニメ化で、2018年中の放送を予定している。『テンカウント』については、「アニメ化」されることのみ決まっていて、詳細の発表が待たれる状態だ。

 これまでにも、中村春菊の『純情ロマンチカ』『世界一初恋』(共にKADOKAWA)、中村明日美子の『同級生』(茜新社)、影木栄貴×蔵王大志の『LOVE STAGE!!』(KADOKAWA)、ありいめめこ『ひとりじめマイヒーロー』(一迅社)といった商業BLがアニメ化(劇場アニメ化)されてきたが、連続してアニメ化が発表されるのは、前代未聞の事態。ネットでは「こんなにアニメ化されて大丈夫!?」と困惑する声が一部から上がっている状態だ。

 今回アニメ化されることになった3作品は、いずれも“濡れ場”があるため、濡れ場がどこまでアニメ化されるかが気になるところ。『ヤリチン☆ビッチ部』はタイトルの通り、エロ描写が結構あるが、OADなのでモザイクのかかり具合しか気にしなくて良さそうだが、『抱かれたい男1位に脅されています。』に関しては、TVアニメなので露骨な描写はできなさそうだ。

 濡れ場がないと物足りなさも感じる腐女子もいそうだが、『世界一初恋』シリーズなど、アニメでも楽しめる作品も多いため、ひとまずは放送を楽しみに待ちたい。

■『ヤリチン☆ビッチ部』アニメ公式サイト
http://yaribu.jp/
■『抱かれたい男1位に脅されています。』アニメ公式サイト
http://dakaretai-1st.com/
■『テンカウント』公式Twitter
https://twitter.com/10count_info

『ヤリチン☆ビッチ部』『抱かれたい男1位に脅されています。』『テンカウント』……BLマンガのアニメ化で気になる“濡れ場”シーンのページです。おたぽるは、漫画マンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…