俳優の大杉漣さんが2月21日、急性心不全のため急逝した。66歳だった。

 20日、大杉さんは現在放送中のドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(テレビ東京系)の撮影後、宿泊先のホテルで倒れたという。ドラマで共演する田口トモロヲ(60)、松重豊(55)、光石研(56)、遠藤憲一(56)のグループLINEに「具合が悪い」と訴え、異変に気付いた松重がタクシーで病院に搬送したが、容態は好転せず。共演者と妻に看取れながら、そのまま帰らぬ人になったという。

 大杉さんは、映画はもちろん、NHK大河ドラマ、NHK連続テレビ小説、Vシネマ、2時間ドラマ……とさまざまなジャンルの作品に多数出演していた名優。ドラマ『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)に関しては「最多出演者」だったと、同ドラマ公式Twitterが伝えている。

 特撮では、2016年の映画『シン・ゴジラ』で演じた内閣総理大臣・大河内清次役が記憶に新しい。劇中に大河内総理が発した「え、蒲田に!?」「自衛隊の弾を、国民に向けることは出来ん!」というセリフは、ファンの中で名言となっている。

 また、09年の『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』、16年の映画『仮面ライダー1号』では、人気の悪役・地獄大使を熱演。数多くの特撮作品で助監督を務める越知靖氏は、大杉さんの訃報にTwitterで「オールライダーの撮影の時監督から、『死神博士を見た時誰も見た事ないリアクションを』との要求に、驚きながら敬礼をするようなリアクションをしてくれた」と、撮影時の思い出を振り返っている。

 大杉さんは、映画『ROOKIES-卒業-』『ひぐらしのなく頃に誓』といった実写化作品にも数多く出演。昨年放送のドラマ『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』(MBS系)では、60歳を超えてからMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』にハマった父親役を演じ、堅物ながらも茶目っ気がある父親を好演。当時のインタビューでは、「キーボードがうまく打てなくて、“あああああ”と打つシーンは、僕の素の状態に近い」と話している。

『光のお父さん』のエオルゼアパートでも操作するキャラクター(インディ)の声を担当していた大杉さん。声優としては、06年公開の長編劇場アニメ作品『銀色の髪のアギト』でアガシ役を、14年には『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』で城戸光政役、ゲーム『クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編』で鶴見正役の声を担当していた。

 大杉さんといえば、映画『ソナチネ』『HANA-BI』といった北野武監督(71)作品をはじめ、数多くの映画・ドラマ・舞台で存在感を示していた“名バイプレーヤー”だが、いわゆる“オタク系”の作品にも数多く出演していた。それだけに、オタク界隈からも驚きと悲しみの声が続々と上がっている。

『シン・ゴジラ』大河内総理、地獄大使、『光のお父さん』……大杉漣さんが出演した“オタク系”作品を振り返るのページです。おたぽるは、芸能アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…