1802_kimi.jpg「君の名は希望」(N46Div.)ジャケット

 人気アイドルグループ・乃木坂46の生駒里奈が、1月31日付の日刊スポーツ紙上のインタビューで、次作シングル(発売日未定)の活動をってグループからの卒業することを発表。ファンの間に衝撃が走った。

 乃木坂46のデビュー曲「ぐるぐるカーテン」(Sony Records)から5作連続でセンターを務め、2014年には、当時SKE48に所属していた松井玲奈との交換留学というカタチでAKB48を兼任し、グループの名前を広めた生駒。白石麻衣や西野七瀬らが台頭して以降はセンターポジションから遠ざかってしまったものの、初期の貢献度や他分野での活躍ぶりから、“乃木坂といえば生駒ちゃん”という人は少なくないかもしれない。

「ソロでも十分やっていけるほど活躍していることもあり、以前から卒業秒読みと推測する声はありました。しかし、あまりに突然のタイミングだったため、ファンのショックは大きいようです。一般的に大学生が社会に出る22歳という年齢を意識して卒業を決断したとのことですが、ネット上では惜しむ声が多く飛び交っています。乃木坂から複数曲でのセンター経験者が卒業を発表するのは今回が初めてなので、なおさらです」(芸能関係者)

“乃木坂の顔”ともいえる存在なだけに、生駒がいなくなってしまうのはファンにとって寂しい限り。しかしその一方で、ラストソングとなる20thシングルでのセンター復帰に期待の声も集まっている。

「1st『ぐるぐるカーテン』を皮切りに、5thシングル『君の名は希望』まで連続でセンターを務めた生駒。その後はセンターから外れることが増え、12thシングル『太陽ノック』が最後になっています。当然、ファンからは復帰待望論が絶えないのですが、16年には深川麻衣が、昨年には橋本奈々未が、それぞれ最後の曲でセンターを任されただけに、生駒のセンター復帰に期待するファンは多そうです。また、生駒がセンターを務めた5曲中3曲で脇を固めた生田絵梨花、星野みなみのそれぞれの名字1文字からとった“生生星”トリオは根強い人気を誇るだけに、『最後に伝説のトリオ復活を!』と望む声も多いようです」(同)

 冠番組では盛り上げ役に徹し、明るいキャラクターでグループを牽引してきた生駒。ソロとしてもバラエティ番組、女優業と活動の幅を広げているだけに、卒業後も変わらず芸能界で活躍していくことだろう。ただ、あとしばらくは、“乃木坂46の生駒里奈”としての姿を全力で楽しませてもらいたい。

※当初、記事の一部に誤りがありました。訂正し、お詫びいたします。

“乃木坂46の顔”生駒里奈、卒業発表に衝撃走る! 卒業曲で”伝説のトリオ”復活に期待のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…