世界各国でアニメーションの国際映画祭が開催されているが、特に“世界4大アニメーションフェスティバル”と称されるフランスのアヌシー、クロアチアのザクレブ、日本の広島、カナダのオタワの各映画祭。9月25日(現地時間)にオタワ国際アニメーションフェスティバルが閉会し、今年の“世界4大アニメーションフェスティバル”の結果が全て出揃った。

 4大フェスのうち、日本作品では短編の『水準原点』(折笠良)がザグレブとオタワで受賞。さらに『水準原点』はアヌシーでもノミネートと、3つのフェスで受賞・ノミネートとなった。

1610_fes01.jpg『水準原点』(ザクレブ国際アニメーション映画祭公式サイトより)

 同じく3つのフェスで受賞・ノミネートされた日本作品は、短編の『サティの「パラード」』(山村浩二)。『サティの「パラード」』は広島で受賞、アヌシーとオタワでノミネートとなっている。

1610_fes02.jpg『サティの「パラード」』(アヌシー国際アニメーション映画祭公式サイトより)

 このほか2つのフェスで受賞・ノミネートとなった日本作品もある。いずれも短編の『FEED』(岡崎恵理)、『The Eye of The Storm』(平岡政展)、『何も見なくていい』(伊藤圭吾)、『ディスイズマイハウス』(大河原亮)だ。

1610_fes03.jpg『FEED』(アヌシー国際アニメーション映画祭公式サイトより)

 それぞれ『FEED』は広島で受賞とアヌシーでノミネート、『The Eye of The Storm』は広島とアヌシーでノミネート、『何も見なくていい』はアヌシーとザグレブでノミネート、『ディスイズマイハウス』はアヌシーとオタワでノミネートである。

1610_fes04.jpg『The Eye of The Storm』(アヌシー国際アニメーション映画祭公式サイトより)

 上記のように、複数の映画祭で受賞・ノミネートされるだけでも、充分ハードルは高い。4大フェス全てとなると運を天に任せるほかなく、まさに至難の業と言ってよい。各々のフェスに特色があるだけでなく、その時々の予選・本選での審査傾向に左右されてしまうからだ(しかも広島は隔年開催のため、2年分の作品が対象となる)。

THE 正蔵(八代目)(DVD付)

THE 正蔵(八代目)(DVD付)

「頭山」、落語のネタでもありますよね

今年の世界4大アニメーションフェスティバル、『水準原点』『サティの「パラード」』が3つのフェスで受賞・ノミネート! やはり同じ作品で“グランドスラム”達成は至難の業?のページです。おたぽるは、イベント情報・レポアニメの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…