1608_mp28.jpg朝日放送『魔法つかいプリキュア!』公式サイトより。

『魔法つかいプリキュア!』(以下『まほプリ』/テレビ朝日系)をオタク目線で毎週追っかけてお伝えする、【まほプリ(ほぼ)全話レビュー】。8月14日放送の第28話「魔法界の夏祭り! 花火よ、たかくあがれ!」は、魔法界の夏祭りに、魔法で花火を打ち上げようと張り切るジュン(声・金田アキ)、ケイ(声・吉岡麻耶)、エミリー(声・橋本ちなみ)の補習仲間3人娘をアシストするために、みらいたちが奔走するというストーリー。

 ここ数日、まほプリで使われている魔法文字変換アプリなるものが登場。英単語を瞬時に魔法界文字に変換できるというもので“ニャンてコト!でしょ”とビックリ! 30代アニメ好きおっさんもみらいのように、「ワクワクもんだぁ!」と製作者さんに内心拍手を送りたくなる仕上がりだった。

 前回に引き続き魔法学校が舞台。夏祭りが始まり、“祭りは最高にフェスティバっている”状態で屋台ではタコ焼きのようなポコポコ焼きなるものが販売され、みらいとことはは興味津々。この後のパチパチ花なるものも出てくるのだが、パチパチにポコポコと聞くと、パチパチパンチとポコポコヘッドの持ちネタでお馴染みのよしもと新喜劇の島木譲二さんが頭に浮かぶ。元気にされとるんやろか……。

 そんな中、補習仲間の3人娘が花火魔法のテストをパスし、とくに優秀と認められた者だけがあげられるという、夏祭りのフィナーレを飾る花火打ち上げを任せられていると言い出す。補習を受けるほどだった3人が、わずか半年でエリートへと成長を遂げ、欠点も克服した姿に、元のスペックが実はすごかったのだろうか。しかし、花火を打ち上げるためのドンドン花というのが“災い”の影響なのか枯れてしまっており、代用のパチパチ花を手に入れるため、二手に分かれて探しに出る。

 みらいとことはとエミリーが採集班、リコとジュンとケイが資料調べ班と、珍しくみらいとリコが別行動。ケイが新たに免許を取ったというじゅうたん出発したみらいたち一行だったが、その後のシーンでは魔法のホウキで目的地へ向かっており、途中なんかあったのかと想像の余地を残しまくる一幕も。

松岡修造が「もっと熱くなれよ!」と叫びそう!? 補習組がわずか半年でエリートへ変身【まほプリ(ほぼ)全話レビュー】のページです。おたぽるは、アニメ話題・騒動の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…