1607_jiku_keisatsu_03.jpg主演・ハルカ・カナタ役の原望奈美。

 主演・ハルカ・カナタ役の原望奈美は、アクションは初挑戦となるが、舞台への出演は、これまでにも数々ある。2011年10月にサンシャイン劇場および新神戸オリエンタル劇場で上演されたミュージカル『中野ブロンディーズ』を皮切りに、昨年7月に新宿村LIVEで上演された『「ドリームレスキュー・言うことナース!エピソードゼロなんですぅ』 ではダブル主演を務めている。今年に入ってからも、3月に舞台『ヨミガエラセ屋』、4月に舞台『ドリームレスキュー・言うことナース~いちもにもなくエピソード3~』に出演。古巣SKE48の山田恵里伽とのダブル主演もはたした。
 
 今回のハルカ・カナタ役は、2013年から2226年へと「移送」されたり、かなり変化に富んだ役柄になりそう。衣装も4種類あるそうで、「最後に大変身して最強のハルカナが出てくる」そうで、ファンとしてはその変身っぷりも楽しみではないだろうか。
ちなみに、「ハルカ・カナタ」は姓がカナタ、名がハルカ。これは記者会見の時まで本人も間違えていたようで、原作者の畑澤和也から訂正されていた。役柄については、「みんなのために一生懸命になる熱い人」と語っていた。畑澤氏から「今の原さんみたいにね」と言われると「そうですね!」と笑顔で答えていた。

1607_jiku_keisatsu_04.jpgトワ・クロエ役の古橋舞由。

 トワ・クロエ役の古橋舞悠は、アリスインプロジェクトの舞台『みちこのみたせかい』で主演をつとめた。観劇した方には説明が必要ないが、実に細かい部分まで表現出来る役者といっていいだろう。トワの役柄としては、「演じたことのない、男っぽくて荒い口調の女の子」とのこと。「最初はどうやって役作りをしたらいいのか苦労した」そうだが、「男の子の映像を見て特徴をつかんだ」という。舞台上で一番絡むクオン(クロエと言い間違えて笑いがこぼれた)とは、初対面から仲良くなれたとか。

 今回共演するフォンチーとは所属時期が異なるものの、同じアイドリング!!!出身(フォンチーは8号、古橋舞悠は31号)。二人きりになるシーンではテンションが上がったそう。ともに物語の鍵を握るメインキャストとしての共演で、こちらも見どころだ。

1607_jiku_keisatsu_05.jpgギルガ・メッシュ役のフォンチー。

 ギルガ・メッシュ役のフォンチー。役名が発表された時点で、かつてテレビ東京で放映されていた『ギルガメッシュNIGHT』を連想させるとファンの方からの反応があった様だが、本人は何のことかすぐには分からなかった様子。「イジリー岡田さんとは関係ありません」と、微笑んでいた。かくいう筆者自身もその一人だが、ギルガメッシュは、数多くの神話や叙事詩に登場する伝説の王。今回の役柄は、「時空犯罪組織の最高幹部」で「人生初のヒール役」とのこと。 前述の吉久直志氏のメッセージにもあった様に「己の正義の為に悪を貫く 悪のヒロイン」として描かれている。「彼女の正義の部分も注目してほしい」と語っていた。

1607_jiku_keisatsu_06.jpgクオン・キーツ役の黒原優梨。

 クオン・キーツ役の黒原優梨は、アリスインプロジェクトの舞台には欠かせない存在になっている役者といってよいのではないだろうか。今回、アクションの多いことが伝えられているが、舞台『魔銃ドナーKIX』や『戦国降臨ガール・インターナショナル』などでの好演も記憶に新しい。今回、アクションが初めてという役者たちには、稽古場で教える場面もあったようだ。本作ではどんな戦いが見られるのか期待が高まるところ。

 クオン・キーツは、「バイオロイド」という「人間により近い生命体」とのこと。見た目も「銀髪に金色のカラコンを入れて」登場するらしい。機械ではあるものの、「人情味があって仲間想いのとことがある」そうだ。なかなか表現するのが難しい役柄のようだ。

『時空警察』シリーズがパワーアップして登場! 女性オンリーの舞台『時空警察クロノゲイザー』発表会レポのページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…