感動的な出会いもあれば予想外のハプニングも待ち受けるヒッチハイク旅だが、昨今ではロボットがヒッチハイクに挑戦している。そして先頃、勢い勇んで(!?)初めてのアメリカでヒッチハイクの旅を始めたのだが……。

■ヒッチハイクロボットの悲惨なアメリカ旅行

 カナダで作られたヒッチハイク専用ロボットが、この「Hitchbot(ヒッチボット)」君だ。Hitchbot君の活動はヒッチハイクを通じて、ロボットと人間の関係性を研究する社会実験にもなっている。カナダのフラウケ・ゼラー助教とデイビッド・スミス教授によって作られた、このHitchbot君は常時3G回線かWi-Fiにつながっており、旅の詳細をリアルタイムで報告し、各種のソーシャルメディアやウィキペディアにアクセスでき、行き先を告げるなど簡単な会話をする能力も備えている。

 昨年、地元のカナダで約6230キロ(3871マイル)にも及ぶ初めてのヒッチハイクの旅を26日間かけて大成功のうちに終え、余勢を駆ってヨーロッパ本土にも訪れ、今年2月にはドイツで10日間、6月にオランダで18日間のヒッチハイク旅を無事に成し遂げた。ドイツではレストランに連れていかれてビールまでおごってもらえたというから愉快だ。

 そしてこの7月の半ば、これまでの積み重ねてきた実績をもとに、順風満帆でアメリカ本土へやって来たHitchbot君は、ボストンを出発点にして初のアメリカ大陸でのヒッチハイク旅に出たのだが……。

 ボストンからグランドキャニオンを目指して始まったヒッチハイク旅の出足は順調だったが、スタートして2週間あまりで到達したフィラデルフィアで移動が停滞。そして8月2日の未明に、見るも無残なバラバラに破壊された姿で発見されたのだ。こうしてHitchbot君の4度目の旅は、初めて中止の事態を迎えて幕を閉じた。

メトロポリス [DVD]

メトロポリス [DVD]

ナメてるとヤバイよ。

ロボットのヒッチハイク旅が最悪の結末に! 今後どうなる「人とロボットの関係」のページです。おたぽるは、その他ホビーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
ところで新商品を見てくれ こいつをどう思う?
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…