パーティーピーポー!

 そして、Stereo Tokyoのシングルカップリング曲『Endless Dokidoki Mode(Tokyo MIX)』から、Stereo Osakaへとステージが引き継がれる。リーダー・山田由樹の「みなさんこんにちは! Stereo Osakaです!」というハスキーボイスの挨拶から、『LOVE ME』『Osaka GEISHA Dancing』と、Osakaのオリジナル曲を披露する。Tokyoとはミックス違いで、よりディープに潜るようなドロップが特徴の『Endless Dokidoki Mode(Osaka MIX)』では、8人のそろったダンスで、フロアの熱を濃くあおっていく。

150530_stereo04.jpg
150530_stereo05.jpg

 さらに、フロアのテンションを最高潮でキープするのは、次々と持ち込まれるEDM的キーワードがまぶされたギミックの数々。ドロップのタイミングで鳴らされる巨大クラッカーは序の口、ダンボールのかぶりもの、メンバー全員がかぶるアノニマスのマスク、バナナを客に食わせる、ホールケーキを客の顔にぶつける……などなど。終盤には、福沢諭吉がBeatsのヘッドフォンをかけた「ステレオ銀行券」の1万円札まで、フロア中にバラ撒かれた。その枚数なはんと、総額3000万円分! 爆音でかかるEDMと踊るアイドル、そして宙に舞う札ビラという非日常的な光景がさらにフロアを盛り上げる。

150530_stereo06.jpg
150530_stereo07.jpg

 メンバーたちもまた、振り付けに関係なくその場のノリで歌うし、叫ぶし、メンバー同士キャッキャし合う。STEREO JAPANの水江チーフプロデューサーがメンバーに指導しているという、「楽しければすべてが正義」「ちゃんと歌うとか、ちゃんと踊るとかは忘れてもらってもいい」というイズムが、メンバーにまで伝わってるからこその自由さ、そして狂騒が1
時間のステージに詰まっていた。

150530_stereo08.jpg

Stereo TokyoとStereo Osakaがそれぞれの曲を披露し、最後はSTEREO JAPAN全員そろっての『Electron』。「パーティーピーポー!」の絶叫と共に、ステージを打ち上げた。その後、『Electron』のオリコンデイリーランキング24位、そして7月31日にSTEREO JAPANのミニアルバム発売を発表と、この夏の新たなパーティを予告し、前日の大阪に続く初のリリースパーティツアーは幕を閉じた。

Electron [Osaka盤]

Electron [Osaka盤]

パーティーピーポー!

札束とケーキが舞うEDM×アイドルの狂乱パーティに潜入! STEREO JAPANリリースパーティレポのページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
新しいTシャツが出たんだ。ほら、遠慮せず見ていけよ
俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…