リリスラウダ『巨乳優等生~ドMの淫乱雌豚に大変身!~』雌豚感のある、むっちりヒロインたちに興奮せざるを得ない!の画像1
『巨乳優等生~ドMの淫乱雌豚に大変身!~』

 ロリ絵描きかと思いきや、一転巨乳ものにチャレンジした、リリスラウダ氏の新作『巨乳優等生~ドMの淫乱雌豚に大変身!~』(ジーウォーク)。版元がジーウォークなので、非常にスタンダードなエロかと思いきや、予想外にハードかつ新鮮味のある一冊であった。

 書店などでエロマンガを漁る時には、どうしても出版社名で内容を吟味してしまいがちだけれども、考えを改めなくてはならないと思った次第である。この作品集は過去に同人誌で出版されたものに加筆+新作を加えたものになっているのだが、これを見つけた編集者はエロい、いやエラい!

 さて、この作品集を絶対にオススメするポイントは、描かれるヒロインの雌豚感がフルスロットルであること。タイトルに「淫乱雌豚」の文字が入っているわけだけれど、特に「雌豚」という言葉が生きる身体が描かれているのである。

 表紙を見てわかるように、とにかく女学生とは思えない巨乳。好き嫌いが分かれるところなので、あまり強調はしていないが下腹部もかなりふくよかに見えるようにペンが入れられている。そして、そんな身体にあわせるように太もももムッチリ。表紙絵では、オビを外すとニーソを履いているのだけれど、微妙に肉がクイ込んでいる感じになっているのがよい。

 そして、二の腕の線も、肉付きがよく見えるように描かれている。さらにさらに……乳首も、いったいどういう発育具合なのか、意味不明なほどにデカイ。乳首もデカイけど乳輪もデカい。要は、たとえ処女であっても価値がなさそうな下品で男を誘う身体になっているというわけである。

 そんな下品な身体なのに、調教されてさらに乳首が肥大したり、クリまで肥大するわけで、下品な身体には拍車がかかる。それが、興奮を誘うのである。

 そんな、コイツになら、なにをやっても興奮するな……と黒い情欲の湧く作品群で、まずオススメしたいのは優等生の黒髪美少女がエロ校長に調教される「肉体奉仕委員」。本作は、クスリを併用して美少女の乳首などを肥大化させながら堕としていくのだが、過程のシーンで、まったくどこも隠していない紐水着を着せているのである。単に全裸に拘束具でもいいところを、紐水着を着せるということで、格段にエロ度がアップしているのである。なんてわかっている人なんだ、リリスラウダ氏。とりわけ、薬を肛門から大量浣腸してボテ腹化に口枷と鼻フックというシーンは雌豚感が全開で、読んでるほうも悶絶である。

「寝取肉便器」も同じく、乳首とクリのフル勃起が見どころの作品なのだが、わざわざ陥没乳首のところから調教が始まるという念の入れよう。おまけに、ヒロインは超巨乳なのに、ちょっと寸胴っぽい地味な体型に描かれているので、余計に悪いことをしている感があふれ出してきて興奮を誘うという鬼畜な作品。あと、脅迫の手法がスタンガンを使うという、スマホによる盗撮とか、ネットで云々とかという時代から少しズレているところも、味があってよいのである。

 この微妙なフェチとか味のあるシーンを挟むのは、リリスラウダ氏が書いていて大好きなシーンのようで「快楽実験部」では、なぜかヒロインの着ている水着がスパッツ型の競泳水着。「操姫」で餌食にされる強気な眼鏡委員長は、なぜか服を着ていると微妙にデブな造形になっているのである。

 とにかく雌豚に好き放題をしている気分を存分に楽しめる作品集。なぜか、次第にちょいデブ女のコのエロスに洗脳されているような気がしたのは、筆者だけではないはず。
(文=ピーラー・ホラ)

【ダウンロードはこちらから!】

リリスラウダ『巨乳優等生~ドMの淫乱雌豚に大変身!~』雌豚感のある、むっちりヒロインたちに興奮せざるを得ない!の画像2

『巨乳優等生~ドMの淫乱雌豚に大変身!~』
ページ数:255ページ
筆者:リリスラウダ
出版社:ジーウォーク

リリスラウダ『巨乳優等生~ドMの淫乱雌豚に大変身!~』雌豚感のある、むっちりヒロインたちに興奮せざるを得ない!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベDMMエロマンガジーウォークピーラー・ホラリリスラウダ巨乳調教雌豚の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。