催眠術をかけて、女の子を好き放題コントロールしたいと思ったことはないだろうか。そんな妄想を実現したのが人気AVシリーズ『催眠中毒』である。

 そもそも催眠で、人のコントロールできるのかという問題の現実面はさておき、催眠はエンターテイメントの世界ではしばしば登場する素材だ。AVという妄想力をフルに働かせられる世界においては、最高のマッチングをみせてくれる。

 さて、今回そんな催眠シリーズの中から『催眠中毒EX ミスキャンパス 愛瀬美希』をレビューしてみよう。主演はクリックリの目と、小動物を髣髴させるようなかわいらしい小顔で人気の愛瀬美希だ。実際彼女は151cmと小柄。しかしDカップという巨乳で、二次元萌えボディーの持ち主でもある。本作の中で、愛瀬美希はミスキャンパス受賞者という設定だ。実年齢が21歳なので、全く無理はないというよりも、むしろドンピシャの設定といえよう。

 冒頭はお約束のインタビュー。そこではAVでありがちがデビューまでの経緯などではなく、ミスキャンパスという設定を活かしたものとなってる。場面が変わると、顔面モザイクの謎な男性が登場。そう、彼は凄腕催眠術師なのである。

 簡単な催眠で、腕や足を動かなくしていくところから、徐々にレベルを上げて、股を大胆に開かせたり、無意識でおっぱいを出させたりしていく。この過程がかなりリアルだ。催眠術師の語り口がかなり落ち着いていること、そして愛瀬美希の演技(?)が想像以上に自然であることから、本当に催眠状態なのではないかと思えるほどだ。催眠状態になった愛瀬美希の顔がトローンとしたり、白目をむいてしまったり、細かな演出がリアリティを与えてくれる。

 それに、安易にすぐにエロに直結しないところがいい。スタートからおっぱいがさらされるまでに、42分かかる。じっくりじっくり、催眠を深めてようやくたどり着くおっぱいのエロさといったら、もうそれだけで抜いても良いだろう。催眠途中に、ドレスの肩紐が落ちたり、ドレスが着くずれしていく様子も、ジワジワと興奮を助長してくれるのだ。

 後半は、催眠で動きを止め、おっぱいを好き放題もんだり、電マオナニーをさせたり、OL姿でディルドオナニーをさせたりと、まさにやりたい放題。やがて迎えるフェラチオを挿入シーンに到達すると、射精の寸止め状態からようやく抜くことを許されたかのような、解放感すら覚える。気が付けば、実は鑑賞している我々も催眠状態に陥っていたのではないか、と思えるほど。

 本格的なエッチシーンとしては、後半のOLとその後に水着での2回となる。それまでは、愛瀬美希の催眠状態を楽しむ内容だ。白目が好きだったり、泥酔もの、時間停止もの、痴漢ものが好きな方には、射精管理をされているかのような、突き上げる興奮を抑え込みながらの鑑賞となる。催眠関連の作品は、催眠だけをフィーチャーし、エッチシーンがないものすらある。それだけ、催眠状態というだけで性的である証拠だ。

 ちなみに、本作には『催眠隷女 女子アナウンサー 愛瀬美希』という続編に近い作品がある。本作を鑑賞後、そちらも観てみるとより催眠のエロさにはまれるかもしれない。
(文=穴リスト猫)

愛瀬美希『催眠中毒EX ミスキャンパス 』安易にエロに結びつけないリアルさ!徐々に徐々に催眠を深め、凌辱していく精神干渉さがたまらん!!のページです。おたぽるは、AVOLおっぱいディルドフェラチオ催眠催眠中毒催眠研究所別館愛瀬美希時間停止水着痴漢の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。