最近はある種の美魔女ブームといえる。美魔女という言葉はテレビにも取り上げられ、様々な番組も作られた。

 改めて美魔女とは何かというと、もともとは光文社のファッション雑誌『美STORY/美ST』から生まれた造語であった。才色兼備の35歳以上の女性を美魔女と呼び、「魔法をかけているかの様に美しい」ことが由来だ。『美STORY』の公式では「年齢という言葉が無意味なほどの輝いた容姿」「経験を積み重ねて磨かれた内面の美しさ」「いつまでも美を追求し続ける好奇心と向上心」「美しさが自己満足にならない社交性」という条件を備えた"エイジレスビューティー"な女性を「美魔女」と定義しているが、一般的には年齢不相応に若くて美しい女性くらいの認識だろう。

 いつまでも若くいることと、年齢相応に年を取っていくこと、どちらが良いのかはさておき、年齢不相応にいつまでも若い容姿を保つ人が存在することは確かだ。

 さて、そんな美魔女といえる女性のAVが現在人気である。『風薫る鎌倉で出会った微笑み美人。女としての夏がまた、始まる。久保今日子 43歳 AV DEBUT』だ。久保今日子は大学生3年生と小学1年生の息子を持つ2児のママでありながら、ジャケット写真からもすぐに分かるように、若々しさと美しさを兼ね備えた女性だ。とても43歳とは思えない。

 久保今日子名義の作品はすでに2本目もリリース済みであるが、今回はデビュー作を紹介しよう。

 以下が公式の紹介文だ。

 鎌倉の海辺で出会った笑顔が素敵な人妻久保今日子さんは、大学生3年生と小学1年生の息子を持つ2児のママ。

 
 最近長男が彼女との結婚を仄めかし始め、「孫ができるかもしれない」という女としての焦燥感に駆られ出演を決意。

 7年ぶりにする濃厚なSEXに初めは照れていた彼女から笑顔が消え、夢中で快楽を貪るようになる…。

 結婚生活に大きな不満はないが、性生活には不満があり、まだまだ女として生きたい! という願いからAVデビューしたという。

 映像は、久保今日子の醸し出す上品さ・瑞々しさ・透明感をフルに引き出そうと、BGMにもこだわった冒頭からおしゃれなドキュメンタリータッチの、さながらPVのような作りとなっている。舞台が鎌倉周辺ということも、また上品な雰囲気を助長している。

 久保今日子のプライベートを探るべく、浜辺でインタビューするとことから本編がスタート。遠くに江の島が見えるところがポイントだ。彼女の結婚生活、旦那や子供について根ほり葉ほり訊いて探る。その受け答えも大人の女性らしく、とてもていねい。これぞ淑女。彼女の生来持っている気品が伝わってくる。

 場面が変わり、室内に変わると服を脱いで全裸を披露。プライベートでは剣道の先生をしているということもあってか、余計な贅肉などがついていなく、しまった身体をしていて非常に美しい。おっぱいはややこぶりで、Bカップといったところか。

 その流れで公開M字開脚からのオナニー。公開オナニーに照れまくりだが、家に誰もいないところではオナニーするという。恥じらいながらも手マンを開始するといよいよ男優登場。キスを迫られ、舌を絡められると女の子のようなかわいらしい喘ぎ声を出し、とたんに感じ始める。

 ベッドに移動すると早速フェラチオ。ゆっくりていねいにチンポをおしゃぶりする。そのまま69。男優のクンニの快感に耐えきれず、すぐに体勢が崩れてしまうところがかわいらしい。

 いよいよ挿入となり、正常位、バック、横バックと様々な体位で突かれまくる。上品な淑女がマッチョな男優に犯られる様は、なんともいえない興奮を覚えさせるものだ。感じ始めると見えてくる“女”の部分が、より興奮を刺激してくる。

   ラストは顔射となり、「気持ち良かった……」と吐息混じりに満足げな表情を浮かべる。母がまさに女になった瞬間だった。

 初カラミから1週間後、再び撮影の日が訪れる。この日もオナニーからスタート。そして、この日の男優は息子と同世代ということで、久保今日子はかなり緊張のご様子。しかしいったんカラミが始まってしまえば、とたんに女になる。どうも彼女はディープキスが好きなようだ。実にねっとりと、絡みつくよな舌さばきを見せてくれる。

 2回目となる今回は、1回目は比較的あっさりだった前戯がたっぷりと行われる。マンコから引く糸に恥ずかしがり、「見たくない」と照れ笑いを浮かべるところや、男優から身体をベロベロになめるよう要望をうけ困惑したりする様子が実に初々しい。そのくせフェラチオはなかなか手慣れた感があり、そのギャップに観ている側はやられてしまう。久保今日子…すごくかわいいぞ!

 それからはソファーの上でブラジャーをなぜか着けたまま挿入。正常位、バック、騎乗位とたっぷりと突かれ、腰を振り、女の声をあげるだけあげてフィニッシュ。肩で呼吸するほど全身全霊でメスと化していた。

 ラストは3Pである。休憩もそこそこ、ふたりの男優にすぐバスローブをむかれ、おっぱいをしゃぶられつくすとM字開脚からの手マンでイク一歩手前まで追い込まれる。それから四つん這いで電マでクリトリス攻撃。

 「こんな経験ない」と女の声にならない喘ぎ声を散々あげ、気が狂ったかのようになると絶頂。クリトリスがいままでにないほど勃起してしまったようだ。

 その後はおしゃぶりタイムに突入。2本のチンポを左右に従えてのフェラチオ。そして口はチンポ、マンコもチンポの2コンボセックスに流れ込む。3Pのセックスは前2回のセックスよりも、久保今日子に対してやや攻撃的になる。卑猥な言葉を言わせたり、自分が犯されていることを認識させるようなことを言わせたり、体位もアクロバティックになる。前から後ろから、立っても寝てもチンポが挿し込まれる状態だ。彼女の声が、瀕死といった具合にかすれてしまうほどだ。

 正常位でマンコの奥の奥まで突っ込まれるとこの日何回目かの絶頂を迎え、ふたり分の精子をたっぷり顔面に浴びるとフィニッシュ。しかし、ここで終わらない。エクストラタイムに突入だ。

 電マが再度登場し、勃起クリトリスを刺激。4度目の絶頂を迎えたところで本当に終了。精も根も果てた様子がうかがえる。

 本編最後にAV出演したことの感想などを述べる、お約束インタビューが挿し込まれている。ここで3Pが初体験だったこと、気持ちよすぎて足がガクガクなこと、この日を振り返ってオナニーしてしまう可能性があること、旦那と子供の顔を見ることができないかもしれないことを告白。

 あれだけベッドでは女ないしはメスになるのに、服を着たら清楚な奥様にパッと戻るこのギャップは本当にすばらしい。この差が観ているものを魅了するのだろう。個人的には撮影中でも外さない結婚指輪にNTRの要素も感じ、グッとくるものがあった。

 AVとしては一級品なので、ぜひともダウンロードしていつでも抜けるようにしておこう。
(文=穴リスト猫)

ダウンロードはこちらから!

『風薫る鎌倉で出会った微笑み美人。女としての夏がまた、始まる。久保今日子 43歳 AV DEBUT

風薫る鎌倉で出会った微笑み美人。女としての夏がまた、始まる。久保今日子 43歳 AV DEBUT
収録時間:185分
メーカー:SODクリエイト
出演者:久保今日子

『風薫る鎌倉で出会った微笑み美人。女としての夏がまた、始まる。久保今日子 43歳 AV DEBUT』透明感と初々しさ抜群の女が性に汚れる瞬間がたまらない!のページです。おたぽるは、AVBカップSODクリエイトおっぱいオナニーフェラチオ久保今日子手マン美魔女電マの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。