おたぽる本体からお引越し!

 だいたい、世の中の「変態」と呼ばれるジャンルは、押さえていると思っていたのだが、まだ知らないジャンルがあったのか! 悔しさと共に興奮してしまったのが、マジキチ性嗜好でおなじみキルタイムコミュニケーションのアンソロ『子宮脱ヒロインに中出し放題!』である。

 タイトルで内容がそれとなくわかるのがキルタイムのアンソロの利点なんですが「子宮脱ヒロイン」ってなんだよ? まったく、意味がわからないので思わず購入してしまった。

 一応、読んで理解したので説明をすると、これは子宮がさまざまな方法で飛び出しちゃったヒロインを描くという嗜好である。子宮が飛び出すと、飛び出す時点でアクメ。なぜかオナホみたい形状になり、挿入されるともちろんのこと、子宮がコスれるだけで感じちゃうというわけである。なんだかわからないけど、新たな性器、アクメ器官の誕生である。そもそも、こんな嗜好のヤツが商業ベースで成立するほどの需要があるのか? おまけに、マンガ家だって嗜好を理解して描くことができるのかよ? と思うだろう。後者に関しては描けているのである。

 正直、さまざまなニッチ過ぎる嗜好を描くキルタイムのアンソロには、ハズレも多い。目玉となる実用性の高い作品が2~3本あるけど、あとは気が抜けた数合わせな作品ばかりというものもあった。ところが、このアンソロは、やたらと画力が高い作家を揃えて読者を子宮姦という新たな嗜好へと目覚めさせているのだ。

 その中でも、これは! と思った作品を紹介してみよう。

『操作型子宮オナホール美咲』(作:じゃがうさ)

 学園の風紀委員長がキモい男性教師たちの策略で子宮脱してしまう物語。教師たちに依頼された「子宮調教師」という「そんなのもあるのか!」と納得をせざるを得ない、意味不明の職人によって子宮脱されてしまうのだ。しかも、電車内で身体の動きを封じられて……という痴漢と晒し要素もあり。おまけに子宮が飛び出すシーンでは「現役JC子宮脱アクメショーです!!」というセリフが描かれて、初めてJC設定だったことが判明。よりインモラルな雰囲気を与えてくれる。そこから、スク水子宮脱セックスとか、未来を生きているプレイが描かれる良作。

『子宮脱苗床SEX 産む為ならなんでもします!』(作:長井わたる)

 キモデブに買われたエルフのヒロインが、触手生物によって子宮脱する展開。単に子宮脱するだけじゃなくて、子宮をひきずり出された挙げ句に、触手に丸呑みされて孕まされてしまうという展開に。作者が子宮脱を描いておけば、あとは何を描いても許されるだろうとばかりに、ニッチな嗜好をぶちこんだてんこ盛りな内容になっているのだ。出産アクメもあるので、きっと大勢の人が楽しめそう。

『ジュエル騎士(ナイト)ルビエル ~子宮拷問・吸引捻り責め~』(作:石野鐘音)

 女騎士なんだか、戦うヒロインなんだかよくわからんが、とにかくボクっ娘なヒロインが敵のザコ兵士に子宮を好き放題に弄ばれる物語。子宮を犯すよりも、子宮をいたぶるほうがメインで、子宮をシコシコされて失禁したり、なんだかわからんがスゴイ快感を得てしまうシーンの実用度が高い作品。「子宮が暴れる度に2つの卵巣が恥骨に引っ掛かって~」とか、脳裏には「???」と文字が浮かぶけど勢いで読ませる。

 とまあ、相も変わらずニッチな路線で責め続けてくれるキルタイムコミュニケーション。なかなか理解に苦しむ性癖を商業作品として完成させることができるのは、編集のスキルの高さだろうか……?
(文=ピーラー・ホラ)

『子宮脱ヒロインに中出し放題!』子宮が体外に飛び出ると性器になるらしい……?のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベキルタイムコミュニケーションスクール水着セックスニッチ子宮子宮脱ヒロインに中出し放題!性癖の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。