おたぽる本体からお引越し!

『性感マッサージで強制悦楽デトックス』
『性感マッサージで強制悦楽デトックス』
(キルタイムコミュニケーション)

 かねてよりニッチな設定のアンソロばっか出版している上級者向け版元・キルタイムコミュニケーション。最近はよく企画会議を通ったなというレベルの極北ともいう領域に達していて、毎月どんなのが出版されるか楽しみで仕方がない。

 今月発売になったのは『性感マッサージで強制悦楽デトックス』。

 いつもタイトルで内容がだいたいわかるので親切だなあとは思うんだけれど、ホントにこの会社の企画会議はどうなってるんだよ?

 収録されている物語は、タイトルからも一目瞭然。日々の疲れを癒やすためにマッサージ頼んだはずが、ツボを刺激されているうちに感じてしまって……というものです。

 いやいや、まったくバリエーションがなさそうではないか。

 でも心配ご無用! 定番設定はもちろんのこと、あらゆる手練手管を駆使してエロマッサージへと持ち込もうとする、トンデモ展開な作品が次々と登場するのだ。まず冒頭に収録された連作『悦楽絶頂マッサージ』(作:kupala)からして、少々超展開。だって、ヒロインはマッサージが趣味で、暇さえあれば、いろんな店をめぐっているというんだから。いくらなんでも導入が強引すぎるだろ。

『人妻妊活マッサージ』(作:飛沫おろし)は、人妻が旅行で訪れた温泉で中年マッサージ師に性感を刺激されて、本番までキメられる展開。お尻を揉まれまくって「そんなところばっかし揉まれたら変な気分に」って、おかしいと気づけよ!

 しかも、もともとヒロピン系では定評のあるキルタイムコミュニケーション。ファンタジーを舞台設定にする作品も忘れない。『女狩人の快感マッサージ初体験』(作:九波ヒメヒコ)は、触手に拘束されてエロマッサージされるという展開なのだが、エロシーンに入ってもヒロインが「この全身を締め上げる感覚ッむくみが取れそう」とか、あくまでマッサージと認識しているのが絶妙である。

『享楽的なオカマッサージ』(作:てるるん)は、異常に巨乳な人妻が中年オカマのマッサージ師にヤラれちゃう話なんだが、これは、なぜマッサージ師がオカマである必要があるのか作者の意図が理解できずに、何度も読み直してしまう作品だ。もしかして、単なるダジャレか?

『イきたくなるマッサージ店』(作:フリーダム中井)はレズものなんだが、ヒロインが服を脱ぐ段階で「ダッセー下着つけてんなとか思ってるの?」とか、なぜだかわからないネガティブさを見せる。きっと、この導入部は作者にとって絶対なくてはならないシチュエーションに違いない。仕事に疲れて、やさぐれているOL感を出すためにも!

 とまあ、テーマよりも、何を考えたらこんな作品が生まれるんだろうかと考えてしまう作品ばかりの一冊。でも、作品の多くは先行してネットで配信されており、それなりのダウンロード数があるのだ。

 つまり、世の中には女のコがマッサージでエロエロになる展開を好む変態紳士がけっこう存在しているということか? いやあ、筆者もまだ世間を知らなかった。また大人になってしまいましたよ。
(文=ピーラー・ホラ)

『性感マッサージで強制悦楽デトックス』エロに持ち込む展開が神がかってる作品ばっか!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベhentaiアンソロキルタイムコミュニケーションニッチ人妻性感マッサージの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。