痴漢たちの紳士っぷりと強固な倫理観(?) 沢尻メロウ『近親痴漢白書』

 池波正太郎の小説なんかを読んでいると、とても面白く気になる部分は悪党が強固な組織と連絡網を持っていること。盗賊がなにかと、親分子分の関係で鉄の掟を絶対視。おまけに、仕事のために集う盗人宿とか、単なる泥棒を超えた壮大な裏設定がたまりません。  なぜ、それを思い出したかといえば、沢尻メロウ『近親痴漢白書』(ティーアイネット)を読んだから。  この作品、その才能を別に生かしたほうがよいであろう...

--

人気記事ランキング

VR×エロ最高!!!!!
おそ松もまさか舞台化されるとは…!

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。