そこはかとなく痛い、黒ギャルエロレイヤーが興奮を呼び込む さなづらひろゆき『ネトリ パコリ』の画像1
『ネトリ パコリ』(ワニマガジン社)

 ラフなタッチで、可愛い女のコ+エロをとことん描いてくれる、新星・さなづらひろゆき氏。初の単行本『ネトリ パコリ』(ワニマガジン社)は、読んだ男子が必ず複数人のヒロインに惚れてしまうであろう、魅力がいっぱいすぎる一冊である。

 そんな作品集であるが、本命は表紙にもなっている黒ギャルが登場する「黒ギャルちゃん危機一髪」と「黒ギャルちゃんとコスプレ撮影会」の2本である。オタクな諸君が苦手なフリをしつつ、実は大好きな黒ギャル。一見、怖そうだけど根は純情だったり、エッチだったり。そんな、我々が望んで止まない黒ギャルの、さらに上位バージョンが、この作品には登場するのである。

 物語の主人公は、いつもキョドってるオタクの加賀くん。そんな彼がイベント会場で見つけてしまったのは、学校ではギャル仲間とつるんでいる江利子さん。そう、学校ではイケてるギャルを装っているのに、江利子さんの本性は腐女子。それに加えて、思い切りクイ込んだレオタード衣装のキャラコスを楽しむエロレイヤーでもあったのである。

 なんだろう。焼肉にしゃぶしゃぶ、寿司も全品食べ放題的なてんこ盛り感が詰まっている。これに興奮しないハズがないじゃないか。

そこはかとなく痛い、黒ギャルエロレイヤーが興奮を呼び込む さなづらひろゆき『ネトリ パコリ』の画像2

 だって、黒ギャルが実は腐女子であるというだけでも、興奮するのに。それに加えてエロレイヤーなのだ。さらに、エロレイヤーが同じ学校で、そしらぬ顔で授業を受けているだって……? ここには、コミケとかで半尻を出しているエロレイヤーを見た時に「コイツらも、普段はOLとかやってるんだろうなあ」と考える瞬間と同じような興奮があるのだ。

 かくて、口止めでオッパイを見せるハズが、エスカレートしてセックスに及ぶわけだけれど、案の定の処女設定。しかも、友達に発見されそうになって「私のギャル人生、オタクチンポで終わるぅ」とか、興奮しちゃうマゾ要素もありなのである。わずかな短編で、いったいどれだけ興奮させてくれるのか。

そこはかとなく痛い、黒ギャルエロレイヤーが興奮を呼び込む さなづらひろゆき『ネトリ パコリ』の画像3

 後編にあたる「黒ギャルちゃんとコスプレ撮影会」は、ほかのエロレイヤーも巻き込んで、エロコスROMの撮影会が展開される。ここで興奮するのは、ROMのコンセプトを相談しているヒロインたち。知り合いのレイヤーが、ROMがきっかけで芸能界にスカウトされたとかで、自分たちも「手ブラとかローレグとかエロ水着」とかで売れるものをつくろうと、相談するのである。そもそも、エロレイヤーに対する興奮ポイントとして、痛いほどの自己承認欲求が光っている部分というのがあるわけだけど、まさにそれ。作者は、どこでなにを観察しているのだろうかと感心してしまった。

 ほかの収録作にも通底しているのだが、さなづら氏の描くヒロインというのは、どこかズレていたり、ウィークポイントがあったり。あるいは、痛かったり。それが、余計に可愛さを発揮しているのだ。

 ぜひ、今後は、もっとも光っている黒ギャルとか、エロレイヤーというテーマを追求して貰いたいと思った次第である。
(文=ピーラー・ホラ)

そこはかとなく痛い、黒ギャルエロレイヤーが興奮を呼び込む さなづらひろゆき『ネトリ パコリ』のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベさなづらひろゆきネトリ パコリピーラー・ホラワニマガジン社の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。