文化系・バレー女子・プロレス女子・陸上女子……すべての尻で描き方が違う神業! Dr.P『初恋すぷらっしゅ!』の画像1
『初恋すぷらっしゅ!』(コアマガジン)

 オビに「丸みを帯びたお尻を描くことに定評のあるDr.P先生」と記されているのだけど、あまりに、そのまま過ぎないか?

 編集者がオビの言葉を考えることに疲れたのか。あるいは、改めて尻を推したいのか?

 Dr.P氏は、同人から商業まで幅広く活躍しているベテランである。同人では二次創作が主体だが、本質的にグッとくるのは商業のオリジナル作品群のほうである。

 なぜなら、推しが決して尻だけではないからである。とりわけ主戦場を「コミックホットミルク」(コアマガジン)に移してからは、ヒロインの造形が尖りまくり、過ぎ去った青春よろしくな、読んで幸せになる作品を描きまくっているのである。

 エロマンガの読み方というのは、ティッシュをきちんと用意して「さあ!!」という人が多いんじゃなかろうと思う。でも、Dr.P氏の作品は、そうした実用一辺倒とは違う、布団の中で悶絶して楽しい作品なのである。

 しかし、商業はなかなかに寡作で掲載は数カ月に一度といったところ。そんな作品群が、ようやく『初恋すぷらっしゅ!』(コアマガジン)として、まとまった。

 当然、尻の構図はいうまでもない。とりわけ、尻が光るのは雑誌掲載時は女子校設定だったのを女子大設定に変えられたという、いわく付きの短編「サーペンタイン・ラブ」。この作品、教師である主人公が教え子とエッチな関係になっているスタンダードな設定。教え子のほうは、ちょっとコジれた感じのお嬢様設定なので、ストッキング大好きな主人公の趣味もキチンとお相手してくれるのである。

 そうなると、当然出てくるのはバックからとか見上げる構図でのストッキング着用のままのエッチ。ここで、リビドーが光るのは描き込みである。ストッキングのスクリーントーンの下にペンで、丁寧に陰影を施しているのだ。ここでマンスジまで丁寧にペンで表現することによって、丸みを帯びたお尻からの凹凸感がグッと強調されているのである。

 でも、ホントに光るのは、そんな一コマ一コマに興奮させながらも、二人の関係が単に身体だけのものなのか、そうじゃないのかというテーマを匂わせつつ話を進行させていくこと。意図的にやっているのか否かはわからぬが、Dr.P氏の作品群には読者をヒロインに惚れさせようという意志が感じされる。その意志に突き動かされて、一コマ一コマの尻をガン見して悶絶してしまうのは、当然だろう。

 さて、持ち味である尻も文化系から体育会系まで、様々描いているのがDr.P氏の親切なところ。「フラストレーションホールド」は、草食系男子な主人公がプロレス趣味で仲良くしている先輩と結ばれる、ただただハートフルな展開。でも、この先輩がまた、体育会系とか肉食系女子を超えたなにかなのである。

 なにせ、長らくプロレス鑑賞をしながら草食クンに技をかける関係が続いているというのである。この第三者から見れば、既に付き合っているハズなのに、付き合っていないという関係が、たまらないのである。

 で、肝心の尻の部分も、こういうタイプのヒロインだとちゃんと丸みはあるけど筋肉質になっているのである。そして、この尻と、バレーボール女子を描く「ぽよぽよガールメランコリー」と、陸上部女子を描く「センパイハンティング」とでは、尻の造形がまったく異なるのである。トータルに尻から太ももにかけてのラインの部分なのだけど、筋肉にラインがまったく異なるのである。

 これぞ、達人の妙技というべきか!

 そんなアドバンテージを持ちつつ、ちゃんと惚れるようなヒロインを描いているのだから、作家力が強いのは当然。ここまで濃いと連作できないのも仕方がないか。
(文=ピーラー・ホラ)

文化系・バレー女子・プロレス女子・陸上女子……すべての尻で描き方が違う神業! Dr.P『初恋すぷらっしゅ!』のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベDr.Phentaiコアマガジンコミックホットミルクピーラー・ホラ初恋すぷらっしゅ!の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。