花巻太郎先生の作品が読めるのは「おたぽる@HENTAI!!」だけ!

【アイドル妄想ぺろぺろ劇場14】実はドMだった生意気ハーフタレントダレノカレ●美が俺の足の指をぺろぺろの画像1
(絵=イラストレーター・あかつき春菜)

 青山霊園の近くを流していると、夜中だというのにサングラスをかけた、背の高い、毛皮のコートを着た女が、これみよがしに手を振ってアピールしてきた。酒を飲んでいるのか、足下がふらついている。見るからにタチが悪そうだ。普段だったら、乗車拒否するところだが、今夜は客の入りが悪い。それに、ああいうタチの悪そうな女は、乗車拒否すると、すぐに営業所に苦情の電話をかける。仕方がないから、女がいる方へと近づいて行った。すると、女が南米系の容姿をしていることに気付いた。もしかしたら、日本語が通じないかもしれない。面倒なことになりそうだと思ったが、もう手遅れだった。女はすでに乗る気満々でこちらに駆け寄ってきていた。今さら逃げるわけにもいかない。

「さっぶい、さぶいさぶい」

 後部座席に乗り込んできた女は、身を震わせながら、寒さの原因がまるで、オレにあるかのような口調で連呼した。顔は青白く、唇は真っ青で、吐く息は酒臭い。やはり、乗車拒否するべきだったと後悔しながらも、日本語が話せることにはホッとした。

「どちらへ行きましょう?」

 訊くと、

「とりあえず、五反田」

 女はぶっきらぼうな口調で答えながら、サングラスを外した。どこかで見覚えのある顔。バックミラーに映る女の顔に見入っていると、

「早く出せよ」

 女は眉間に皺を寄せて、運転席を蹴ってきた。

 思い出した。毒舌ハーフタレントのダレノカレ朱美。タメ口はバラエティ用のキャラだとか言ってたはずだが、普段からタメ口なんじゃないか。

「何? 何か文句あるの?」

 ダレノカレは胸の下に両腕を組んで、不敵な面構えで見据えてくる。腹が立ったが、客は客だ。

「いえ」

 頭を振り、オレはアクセルを踏んだ。

「何歳?」
「え?」
「おっさん、何歳?」
「46です」
「結婚は?」
「いえ」
「だろうね。おっさん、ダッサいもん」

 酔ってるからなのか、それとも地なのかはわからないが、ダレノカレの口は悪く、甲高い声もオレの神経を逆撫でした。酔っぱらっているから、そのうち眠ってしまうかと思ったが、それどころか、上機嫌に鼻歌を歌い出す始末。そして、

「ねえ、つまんない。変えて」

 また運転席を蹴ってきた。ムカッ腹が立つのと同時に、何を言っているのか意味が分からず、

「え?」

 バックミラー越しに、ダレノカレの顔を見た。

「ラジオ」と、ダレノカレは顎をしゃくり、周波数を伝えてきた。どうやら、聞きたい番組があるらしい。その周波数に合わせると、

「1年前、今の彼氏と初めてエッチした時、人生で初めて潮吹いちゃったの」と、ラジオからも、ダレノカレの下品な声が聞こえてきた。オレは驚いて、バックミラーを見た。その中に映るダレノカレは、満足そうな笑みを浮かべ、

「シータクの運ちゃんて、みんな、同じリアクションすんだよね。幽霊でも見るみたいに」

 手を叩きながら、ギャハハ、と下品な笑い声を上げ、

「生じゃなくて、収録放送だっつーの」

 考えてみればわかるものだが、反射的に、ダレノカレの予測通りのリアクションをしてしまった自分を恥じ、そして、ハンドルを強く握りしめて、怒りを抑えた。

【アイドル妄想ぺろぺろ劇場14】実はドMだった“生意気ハーフタレント”ダレノカレ●美が俺の足の指をぺろぺろのページです。おたぽるは、その他hentaiアイドル妄想ぺろぺろ劇場花巻太郎の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。