自然とよりよく触れあうには、まずは自分自身が生まれたまんまの自然な姿にならなければならない!? 先日の5月6日は、世界中の庭で全裸の人々が自然を謳歌していたようである。

170512_nude.jpg
「Queerty」より。

■庭の手入れを裸になって行なう日

 日本では「こどもの日」の翌日である5月6日だが、世界的に言うと、この日はなんと「世界全裸ガーデニングの日(World Naked Gardening Day)」だったのだ。聞いたことがない人がほとんどだとは思うが、今年で13回目を数えている。毎年5月6日ではなく、5月の第1土曜日がこの日にあてられる。

 先日に「おたぽる@hentai!!」でお伝えした「全裸サイクリングイベント」にくらべれば、こちらのほうが参加のハードルが低い“全裸イベント”。ガーデニングが好きな向きであれば、老若男女誰でもその場で“参加”できる。もちろん特に参加表明などはいらない。当日の庭の手入れを裸になって行なうだけだ。

 World Naked Gardening Day (WNGD)はれっきとした組織で、ウェブサイトやSNSも開設されている。

「裸のガーデニングは、陽の光をわずかな時間、全身に浴びる楽しい体験というだけでなく、我々の肉体がこの惑星の大自然の一部であることを意識する機会でもあります」(「WNGD」ウェブサイトより)

 快適な天気の日には裸で庭イジリをしてみたいと少しでも思ったことがある向きには、この日はそれを実行に移すべく背中を押すものになるとも言えそうだ。日本では、そもそも裸になれるような庭がある家が少ないとは思うが、たまにはベランダで外から見えないように全裸日光浴をしてみてもよいかも!?

2016年の世界全裸ガーデニングの日(アイルランド)。動画は「YouTube」より

■皮膚がん防止のスローガン「Slip、Slop、Slap、Wrap」

 広い庭の中であれば、まさに開放感と解放感に溢れるこの世界全裸ガーデニングの日だが、くれぐれも長時間日光を浴びないようにと念入りな注意喚起が呼びかけられている。その呼びかけの言葉は「Slip、Slop、Slap、Wrap(スリップ、スロップ、スラップ、ラップ)」だ。

 この言葉は紫外線が強い風土であることから皮膚がんの発症率が世界一といわれているオーストラリアで、皮膚がん防止のスローガンとなったことで世界中に知られることになった。具体的な意味は下記の通り。

・Slip……衣服で肌を覆う。なるべく長袖を着用
・Slop……日焼け止めを塗る
・Slap……帽子をかぶる
・Wrap……サングラスをかける

 一説ではオーストラリアの紫外線量は日本の5倍から10倍もあるといわれ、日中は基本的には地肌を太陽にさらさないことが大前提だ。オーストラリアに行く前にはぜひとも留意したい。うっかり日焼けしてしまった場合は放置せずにアフターケアを怠らないよう心がけたいものだ。

 そしてもちろん、外で裸になる際にはくれぐれも人目に触れない条件を揃えることをお忘れなく……。
(文/宍戸ペダル)

【参考】
・Huffington Post
http://www.huffingtonpost.com.au/2017/05/04/this-saturday-is-world-naked-gardening-day_a_22068394/
・Queerty
https://www.queerty.com/photos-men-world-dropped-trou-naked-gardening-day-20170508

全裸で自然を謳歌する日!? 実は5月6日は「世界全裸ガーデニングの日」だった!のページです。おたぽるは、その他フェチ全裸宍戸ペダルの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。