はるゆきこ『コキたおしケモノおねえさん』予想の斜め上をいく人外娘の強引さに驚く! の画像1
『コキたおしケモノおねえさん』(キルタイムコミュニケーション)

 フツーに可愛い絵柄のハズなのに、描いている作品の方向性がぶっ飛んでいる、はるゆきこ『コキたおしケモノおねえさん』(キルタイムコミュニケーション)。

 初出がキルタイムの看板であるマジキチアンソロなので、しようがないといえばそれまでなのだけれど、それでは済まない何かがある。収録作のほとんどに人外とか女性上位要素が含まれているのだから。

 とりわけ、なんだかオカシイのが人外要素である。人外シチュというのも、最近は幅広いものとなった。ラミア娘とかなんとか、もはや、あまり人間の形をしていないものが出てきても驚く読者は少ないだろう。いわば、当たり前とか定番という言葉が似合う存在になってしまった人外シチュに、はる氏は予想だにしなかった要素を投入してきているのだ。

 そんな、はる氏が描く人外は、狸娘に、フランケン娘に、ミイラ娘などなど。とにかく、人外なのにほぼ人間というビミョーなところを突いて、読者を新たな目覚めへと誘うのだ。

はるゆきこ『コキたおしケモノおねえさん』予想の斜め上をいく人外娘の強引さに驚く! の画像2

 まず、狸娘は頭のところに、ちょこっと狸っぽい耳がついているだけである。フランケン娘は身体に縫い目があるし、扱いを間違えると外れるあたり、まだ人外という感じはするが、ミイラ娘なんて、ほとんど身体に包帯を巻いた女なのである。

 パッと見では「これが人外……?」と、思うだろうが、妙な無理矢理感が逆に興奮を煽るという類いまれな作品になっているのである。そうしたシチュエーション部分だけでなく、物語までやたらと強引なのが、はる氏の特徴でもある。

 狸娘が登場する短編は「金玉乱打合戦ちんぽこ」と、もはやタイトルがパロディを目指して、パロディにもなっていない。物語は、畑を荒らす悪い狸娘を、修行に疲れてニートになることを決意して山から下りてきた「お坊様」が退治しようとするもの。

 台詞には確かに「お坊様」とは書いてあるんだけど、服装はどうみても山伏である。確かに、山伏も仏教だけれど……なんだ、この神仏混淆は?

はるゆきこ『コキたおしケモノおねえさん』予想の斜め上をいく人外娘の強引さに驚く! の画像3

 そんな強引な作品はセックスも女性上位展開ということで、読者にとっては、かな~り強引にエッチに持ち込まれてしまう。これらのシーンは、安心感が満載の水準だ。はる氏の描く女性は、豊満が基本なのだが、とにかく絞り取るような方向へのセックスが描かれるからである。

 この作品集の正しい楽しみ方は、シチュエーションの奇妙さと、物語の強引さを楽しみ見つつ実用シーンで興奮するというものだろう。

 これが初めての単行本という、はる氏。フェチに対する理解はディープな様子なので、さらに独自色を強めて頑張ってほしいものだ。
(文=ピーラー・ホラ)

はるゆきこ『コキたおしケモノおねえさん』予想の斜め上をいく人外娘の強引さに驚く! のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベはるゆきこキルタイムコミュニケーションコキたおしケモノおねえさんピーラー・ホラの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。