花巻太郎先生の作品が読めるのは「おたぽる@HENTAI!!」だけ!

【アイドル妄想ぺろぺろ劇場12】媚薬に溺れたセクシー踊り子長澤ま●みが、ウンチ臭い僕のアナルをぺろぺろの画像1
(絵=イラストレーター・あかつき春菜)

「苦しくて死にそう、助けて……」

 深夜2時、マネジメントを担当している女優から、息も絶え絶えの声でそんな電話を掛けてこられたら、誰だって、心臓が凍り付く思いをするはずだ。ましてや、まきみは、今日の昼間、舞台の稽古で散々、演出家からダメ出しをくらい、相当に落ち込んでいた。最悪の事態が脳裏をよぎり、僕は急いで、まきみが住むタワーマンションへと向かった。

『清純派女優・長澤まきみ、今までのイメージを一新する、セクシーな踊り子役に挑戦!』

 まきみが、ミュージカル初挑戦にして、キャバレーで男たちを魅了するセクシーな踊り子役を演じることが発表されると、マスコミはこぞって、そんな風に報じた。続いて、黒いレースのキャミソールを着たヴィジュアルが公開されると、

「Fカップ巨乳の谷間を生で拝めるだけでも、チケット代を支払う価値あり!」

 ネットニュースではまるで、ミュージカルの見所はまきみの肉体美しかないかのような、下品な煽り文句が並んだ。そんなマスコミの下世話な期待とは裏腹に、当のまきみは、今回のミュージカルを、演技派女優へ脱皮するための重要な作品と位置づけていた。当然、マネジャーである僕や事務所としても、そういう意図があって、今回のオファーを受けることにしたのだけれど、見ていてこちらの息が詰まる程に、まきみは肩に力が入り過ぎていて、稽古初日から空回りしてしまっていた。

 まきみはもともと、真面目な性格だ。最近では、公の場に、露出度高めの衣装姿で登場させ、少しずつセクシー路線への変革を、マスコミだけでなく、まきみ自身にも意識させていたけれど、見た目とは違って、内面を変革するのはなかなか難しくて、時間もかかる。ミュージカルのオファーを受けて以来、まきみは、ミュージカルの原作映画や、参考になりそうな女優たちの演技に片っ端から目を通して、役作りに励んでいたものの、稽古では毎回、演出家からダメ出しをくらってしまっていた。特に、今日の昼間の稽古では、

「これ以上やっても無理なら、キャスト変更も考慮するようだよ」

 最後通牒のような言い方をされてしまっていた。これは、その演出家が、役者に発破を掛ける時のいつものやり方で、むしろ期待の表れともいわれているのだけれど、真面目なまきみは真に受けてしまい、帰りの車の中で僕がいくら慰めても聞く耳を持たない程に落ち込んでしまっていた。

 だからこそ、思い詰めたような調子だったまきみの電話に、僕は不安を抱いているのだ。

 まきみが住むタワーマンションに到着すると、僕はタクシーから飛び降り、エントランスに駆け込んで、ドアが閉まりそうになっていたエレベーターに慌てて飛び乗った。

 エレベーターは、まきみが住む54階まで静かに、そして、あっという間に上昇した。

 ドアが開くと、目の前には、帽子を目深に被り、茶色のチェスターコートを、手袋をはめた両手でかき合わせるようにして、俯き加減に立っている男がいて、僕が降りるのも待たず、慌てた様子で乗り込んできたせいで、肩がぶつかってしまった。

「すみません」

【アイドル妄想ぺろぺろ劇場12】媚薬に溺れた“セクシー踊り子”長澤ま●みが、ウンチ臭い僕のアナルをぺろぺろのページです。おたぽるは、その他hentaiアイドル妄想ぺろぺろ劇場花巻太郎の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。