街角アート作品なのか!? それとも性質の悪いイタズラなのか? 地下鉄車両の座席にモッコリした突起物が! 座席をよく見ると、背もたれは裸の男性の胴体部分を模してあり、座る部分には男性器のオブジェが! 知らずに座れば思わず声を上げるコト必至という感じなのだが……。

座るなキケン! 地下鉄車両にモッコリした男性器がそびえるペニス座席が導入=メキシコの画像1
YouTubeより

■地下鉄車両に“ペニス座席”

 ラッシュアワーの混んだ電車内では、場合によっては乗客同士のカラダが触れ合うこともあるだろう。場合によっては、隣に立った男性の下半身の突起物が接触することがあるかもしれない。

 もちろんそれが、混雑のために止むを得ないハプニングであれば仕方のないことではあるが、中には満員電車にかこつけて意図的にイチモツを押しつける不埒な輩も……つまり痴漢だ。

 こうした痴漢や、セクシャルハラスメントを撲滅すべく現在キャンペーンを行なっているのが、国連の1セクションであり女性の地位向上を目的とする組織、UNウィメン(UN Women)だ。そして今回、メキシコのUNウィメンが地下鉄に“ペニス座席”を導入して電車内セクハラについての“啓蒙活動”に取り組んだ。

地下鉄車両の“ペニス座席”=メキシコ 動画は「YouTube」より

 反応はさまざまだが、初めて目撃した際には思わずギョっとしてしまうだろう。シートの上部の窓にはスペイン語で“男性専用”と書かれたステッカーが貼ってあり、座って下に視線を向けるとシートの真下の床にもステッカーが貼ってあり、そこには「ここは不快な座席ですが、決して女性が日常生活で苛まれている性的虐待と比べたりはしないでください」と記されている。もちろん皮肉であり、満員電車などで日常的に体験している性的な不快感や虐待をこの機会に男性にも味わってもらおうという企画だ。

 人々の反応を収めた動画撮影を含めて、この一件は「The Seat Experiment(シート実験)」と名づけられた社会実験であるということだ。座った男性に“意識改革”がもたらされたのか、それともイタズラ番組の撮影や物騒なアート作品のようなものと受け止められたのかはさておき、強烈なインパクトを与えるものであったことは間違いないだろう。

座るなキケン! 地下鉄車両にモッコリした男性器がそびえる“ペニス座席”が導入=メキシコのページです。おたぽるは、その他セクハラペニス宍戸ペダル痴漢の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。