花巻太郎先生の作品が読めるのは「おたぽる@HENTAI!!」だけ!

【アイドル妄想ぺろぺろ劇場11】吹雪に巻き込まれた山小屋で、暖炉を見つめる生意気女優広瀬をぺろぺろの画像1
(絵=イラストレーター・あかつき春菜)

 山小屋の寡黙な老主人が発した言葉は、たった2つだけだった。1つは「冬の雪山を侮るな」。もう1つは、今回のスノーボード用商品のCMの撮影でイメージキャラクターを務める広瀬ベルを見て、「孫娘にソックリだ」と。

 オレたち撮影クルーは、1つ目の言葉は肝に銘じたけれど、2つ目の言葉に関しては、糸くずのような細い目に、ひしゃげた鼻、分厚いタラコ唇をした老主人から、どのような奇跡的な遺伝子変異が起きようとも、エキゾチックな美少女ぶりで現在、若手女優ナンバーワンともいわれている広瀬に似た孫娘が誕生するとは思えず、一笑に付した。

 ディレクターが要望した通り、周囲を雪山に囲まれた、処女雪が一面に降り積もった、比較的なだらかな斜面が広がる場所へオレたちを案内すると、老主人は何も言わず、来た道を引き返して行ってしまった。

 なだらかな斜面を、広瀬がスノーボードで滑り、途中で転んだところで、パウダースノーを恋人役の俳優から顔にかけられて、そこから雪合戦のイチャつき。雪山を舞台にしたCMによくあるパターンの撮影は、何の滞りもなく順調に進んだ。けれど、現場の雰囲気は決して良いとはいえなかった。その理由は、数日前に放送された、バラエティ番組に出演した際の広瀬の発言にある。

 広瀬は、大御所お笑いコンビがホストを務める番組で、照明係や録音係などの裏方スタッフをネタに「なんでそんな仕事やろうって思ったんだろう?」と、小馬鹿にしたような発言をして、ネット上を炎上させた。当然、これに一番憤慨したのは、当の裏方スタッフたちだ。誇りを持って録音係を務めているオレからすれば、「他人の声を録るだけの人生の何が楽しいの?」という広瀬の言葉は許すまじきものがあった。

 それは他のスタッフも同じで、今日、現場へ来るまでのロケバス内では、広瀬が別の仕事の都合で新幹線で来ることをいいことに、「若手の俳優だったら、ぶっ飛ばしてやるところだ」「照明、きつめに当ててやるか」などと、言いたい放題盛り上がっていた。その雰囲気が、広瀬の合流後も尾を引いているだけに、撮影現場はどこかピリピリとした空気が漂っていた。そして、それに拍車をかけるように、「少し雪が降ってる絵が欲しいな」とディレクターが要求し、待機時間ができたことで、スタッフの間に広がる不穏な空気が濃度を増した。

 雪が降るのを待つといっても、そんなに都合良く降るわけもなく、30分程経った頃、一度、山小屋に戻ろうかという話がプロデューサーの口から出た。すぐに、そうしよう、ということになり、機材を片づけ始めると、雪山に棲む神様がまるでオレたちをその場に引き留めでもするかのように、突如として粉雪がチラつき始め、すぐに玉雪、牡丹雪へと大きさを変え、降る量も増していった。そして、ディレクターから急き立てられるようにして、撮影が再開された。

「撤収!」

 納得のいく絵が撮れ、ディレクターがそう叫んだ頃にはもう、蜜柑のような大きさの雪が、数メートル四方の視界を妨げる程の勢いで降っていた。

 機材の片づけをしている途中、遠くの方から、ゴゴゴゴゴォ……、と地鳴りのような音が聞こえてきて、スタッフ一同、一瞬、手を止めて、不安に怯えた顔を向け合った。地鳴りの音が止むと、片づけを再開したけれど、またすぐに地鳴りの音が聞こえてきた。

「どこかで雪崩が起きてるんじゃないか?」

【アイドル妄想ぺろぺろ劇場11】吹雪に巻き込まれた山小屋で、暖炉を見つめる“生意気女優”広瀬をぺろぺろのページです。おたぽるは、その他hentaiアイドル妄想ぺろぺろ劇場花巻太郎の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ

18歳未満閲覧禁止!!

ここから先のコンテンツには、Hでド変態な成人向けなコンテンツが含まれているから、18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

18歳以上のあなたは「進む」を選んで、楽しんでね。